WEB発行率80%達成。
請求書データが確定した当日の午前中には、
お客様が請求データを見られる状態になりました。

導入企業様の声|中央化学株式会社

設立 1961年
資本金 72億1,275万円
従業員数 1,702名(2020年3月31日現在)
事業内容

プラスチック製食品包装容器の

製造・販売

ホームページ

https://www.chuo-kagaku.co.jp/



 導入前の課題
  • 手作業で請求書発行を行っており、誤発送のリスクがあった。

  • 仕分けや封入などの作業量が多く、またダブルチェックを行うため、スタッフの負担やコストが大きかった。

  • 各拠点が異なる方法で請求書発行を行っており、作業方法の統一ができていなかった。

 導入の効果
  • 請求書発行に関する作業量が大幅に減り、50%のコスト削減に。

  • 請求データが確定した当日午前中に、顧客への案内を行うことが可能になった。

  • 請求書発行業務を体系化でき、さらなる業務効率化を目指せる土壌が整った。

 
 生鮮食品や惣菜などを入れるプラスチック製食品包装容器の製造・販売を手がける、中央化学株式会社。
数千にも上る製品ラインナップをもち、さまざまな業態の顧客を数多く抱えるメーカーだ。

 そんな同社は、2019年10月に『FNX e-急便 WEB発行サービス(以下、e-急便WEB発行サービス)』を導入し、請求書発行業務を刷新。
プロジェクトを担当した是永氏は、「業務効率化やコスト削減、組織の強化にまでつながりました」と話す。

 サービス導入で同社はどう変わったのか、業務部の是永氏、笠氏、金地氏の3名にインタビューした。

インタビュイープロフィール

営業本部業務部 関西業務課長兼業務課 是永 拓哉 様
営業本部業務部 九州業務課長兼中四国業務課長兼業務課 笠 智一 様
営業本部業務部 関西業務課兼業務課 金地 栞里 様

BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した20社の取り組みをご紹介

導入の背景

請求書発行を手作業で行うことで生じるスタッフの負担やコスト、
そして顧客からの信頼を失いかねない誤発送リスクに課題があった

 スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売されている生鮮食品、惣菜などに使われるプラスチック製食品包装容器を開発・販売している、中央化学株式会社。1957年創業のメーカーで、現在は日本全国に8つの販売拠点と、8つの工場、中国にも現地法人を構えている。
 強みは、顧客からの多彩なニーズに応えられること。その製造品目は数千種類にも及ぶという。また、人々の生活スタイルが変化し、家で食事をとる “中食”や“内食”が増加した。これを受けて同社の製品のニーズはさらに高まり、ますますその開発力や柔軟性が評価されている。

 そんな同社では、長らく帳票類の発行・郵送作業に課題を感じていたという。

 是永氏は、次のように話す。
「これまで当社では、請求書の発行・郵送作業の大部分を各拠点のスタッフが手作業で行っていました。
具体的な流れとしては、注文品のピックアップから出荷までを一括管理している基幹システムに受注登録をし、請求データを作成します。その後、専用プリンターで請求書と内訳明細書を印刷。この2つはミシン目でつながった状態で出力されるので、裁断した後に担当者が仕分けます。そしてようやく封入するのですが、ここでミスを防ぐために仕分けた担当者と別の担当者がダブルチェックを行いつつ封入作業をしております。しかし、サイズが異なる請求書と内訳明細書をひとつひとつ折りたたんだりしているため、かなりの時間がかかっています。

 しかも、お客様によって請求締切日が異なるため、請求書を発送するタイミングも異なっています。例えば月末締めの取引先の場合、基本的には月末に締めて翌月の第2営業日の朝に発行しますが、イレギュラー対応を求められるケースも多く、請求書発行に関する一連の作業は常に発生するといっても過言ではないです。用紙代や印刷代などはもちろん、人件費まで考慮したら、非常に大きなコストがかかっていました」。

 また、どれだけ慎重に作業をしても、やはり人の手で行うと仕分け間違いや誤発送をゼロにするのは難しいと是永氏は教えてくれた。


サービス選定理由・導入の効果

請求書発行の手間を大幅に削減し、スピーディーに顧客に届けることが可能に
コストはこれまでの50%に

 そんな折に出会ったのが、ネクスウェイの『e-急便WEB発行サービス』でした。
業務改善イベントを通じて同サービスのことを知り、現場が抱える帳票類の発行・郵送作業の課題を再確認するなどして、WEB化を推進できないか模索。最終的には、業務効率化やコスト削減を目指して『e-急便WEB発行サービス』を導入するに至った。

 導入理由について、笠氏は“信頼感”というキーワードを挙げてくれた。
「請求書のWEB化にあたっては、競合にあたるサービスも検討しました。そのなかで『e-急便WEB発行サービス』を選んだのは、ネクスウェイの帳票類のFAXを送信するサービス『FNX e-帳票FAXサービス』を当社ですでに導入していたこともあり、同社のサービスならきっとうまくいくだろうという信頼感がありました。

 あとは、発行できる帳票の種類に制限がなかったことも魅力でした。請求書を皮切りに、帳票類のWEB化を進めていきたいと考えておりましたので」。


 そして2019年10月から、『e-急便WEB発行サービス』を利用した請求書発行をスタート。

 実際に発行業務を担当する金地氏は、手間が省けただけでなく、スピードアップした点も高く評価している。
「導入後のフローとしては、システムで請求情報のCSVが自動的に作成され、『e-急便WEB発行サービス』にアップロードされるようになりました。あとは、パソコンの画面上で内容を確認、承認するだけで作業完了。ここまで一連の作業は、どんなに長くても15分ほどしかかかりません。請求データが確定した当日の午前中には、請求書をお客様に提示できている状態になっています」。

 なお、サービス導入後のコストは、人件費を除いても従来のおよそ50%に減らせたという。
BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した20社の取り組みをご紹介


導入までの工夫

サービス導入を成功させた秘訣は全員で一丸となって進めたプロジェクト
始めはスモールスタートで、現時点で請求書WEB発行率は82%に到達

 サービス導入後、狙いどおり業務効率化を成功させた同社。しかし、請求書発行という顧客との信頼関係にも大きく影響する業務の変革は、決して簡単にできるものではないだろう。

 『e-急便WEB発行サービス』導入に向けてどんな工夫をしたのか、是永氏に聞いた。
「『e-急便WEB発行サービス』を導入することで最もメリットを受けられるのは、実際に作業する私たち業務部です。そのため、まずは業務部向けに説明会を行いました。
 具体的には、課題の再確認や、『e-急便WEB発行サービス』を入れることで改善できることとできないことを細かく伝えています。ちなみにここでの“改善できないこと”とは、一部イレギュラー対応が必要な請求書の発行は、『e-急便WEB発行サービス』による発行が行えないということです。数としては、全体の1割にも満たないですが。
 その後は、私たちからの説明を受けた各拠点の業務部スタッフが、お客様への案内を担う営業に説明します。
今振り返っても、この営業との連携が非常に重要だったと感じており、丁寧に情報を共有するのはもちろん、お客様から問合せがあった際は、営業担当だけでなく業務部でもフォローしていました。このように社内できちんとコミュニケーションをとっていたので、全員で一丸となってWEB化を進められたんです。営業のなかには、一度お客様からWEB化に難色を示されたにもかかわらず、粘り強く交渉して最終的にOKの返事をもらってきてくれた担当者もいました」。


 また、導入を全国の拠点で一斉スタートではなく、スモールスタートとして始めたことも、成功の秘訣のようだ。まずは東京の一部のお客様に限定してWEB化を進め、その反応を確認しながら全国に広げたという。
 こうしたさまざまな工夫の末、現在までのWEB移行率はなんと82%に到達し、作業負担もコストも大幅な削減に成功したのだ。

今後に向けて

業務効率化、コスト削減だけでなく組織強化にも成功
次は納品書のWEB化に向けて新体制で取り組む

 是永氏は『e-急便WEB発行サービス』の導入効果について次のように振り返る。

「一番の収穫は、やはり請求書発行作業をシステム化できたこと。誤発送によるトラブルもほぼゼロにすることができ、顧客を失うリスクが減って、営業的なメリットも非常に大きいと感じています。

 あとは、これまで各拠点がそれぞれのやり方で行っていた請求書発行業務を体系化できたことも、大きな成果だと感じています。当社では、『e-急便WEB発行サービス』を利用するにあたり、“キーユーザー”と“スーパーユーザー”を設定しました。
 キーユーザーとは、管理アカウントをもった各拠点の代表者のこと。お客様から請求書に関する問合せがあった際、基本的にはキーユーザーが内容を確認して対応しています。先ほど触れたサービス導入時の営業担当への説明を行ったのも、このキーユーザーです。
 そしてスーパーユーザーは、キーユーザーのさらに上位フェーズにある役割です。請求書の発行処理やシステム操作、キーユーザーからの質問や、拠点では解決できないトラブルの対応などにあたってくれています。このキーユーザー、スーパーユーザー制度を確立できたことは、組織の体制強化につながったと実感しています」。


 最後に是永氏は、今回の請求書発行のWEB化成功を受け、今後は納品書の発行もWEBへ移行していきたいと話してくれた。
「納品書は請求書よりも発行頻度がさらに高く、これもWEB化できれば大きなメリットがあると考えていて、実は先日からすでに業務部への説明会を開始し、今年中には移行を完了したいと考えています。
 そして、このプロジェクトの進行は、頼もしいスーパーユーザーのメンバーがメインでやってくれているんですよ。組織改革をベースにした確かな業務効率化を実現できていると感じています」。

【無料】事例集ダウンロード

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。

アップロードしています。少々お待ちください。
プライバシーマーク

関連事例

請求書発行を9割WEB化、作業時間も4分の1に!請求書即日発行で郵便法改正にも対応【生駒商事株式会社様】

2021/10/15

手作業で請求書発行の業務を行っており、経理担当の業務負荷が大きくなっていた。同社ではこの課題を解決するべく、ネクスウェイの『FNX e-急便WEB発行サービス』を導入。請求書発行の作業時間を約4分の1に短縮。さらに導入から4カ月足らずで請求書のWEB化率9割を達成。

3ヶ月間の運用で約50%のコスト削減に成功!全国8,000社への請求書発行をデジタル化【尾家産業株式会社様】

2021/07/07

業務用食品卸売業の尾家産業株式会社様では、取引先の数が多いことに加え、請求書1件あたりの分量も膨大なため、紙ベースでの運用には多大なコストが掛かっていた。同社ではこの課題を解決するべく、2020年にネクスウェイの『FNX e-急便WEB発行サービス』を導入。請求書のWEB化を推進し、運用開始から3ヶ月程で約50%のコスト削減に成功した。

WEB発行率80%達成。請求書発行コストを50%削減し、即日発行が可能に【中央化学株式会社様】

2021/01/13

請求書発行を手作業で行うことで生じるスタッフの負担やコスト、そして顧客からの信頼を失いかねない誤発送リスクに課題があった中央化学株式会社。ネクスウェイの『FNX e-急便WEB発行サービス』を導入することで、請求書発行にかかるコストを50%削減し、即日発行が可能に。さらには組織の体制強化にもつながった請求書WEB化の取り組みをご紹介します。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます