受信したFAXをWEBで管理

FNX e-受信FAXサービス

詳しいサービス内容がわかる資料を
ダウンロードできます

受信したFAXをWEBブラウザでスマートに管理・返信

FNX e-受信FAXサービス
PCからの簡単操作で、受信したFAXの仕分け・閲覧・検索・編集・返信が可能になるサービスです。
現在のFAX番号を変更することなくPCからFAXを送受信でき、受信したFAXの仕分け作業もPC上で完結。
FAX業務による自席からの移動をなくし、用紙の紛失や保管場所の確保の問題を解消。
基幹システムの改修は不要、専用のアダプタをFAX回線に取り付けるだけで設置可能です。
FAXの電子化と業務効率化をスマートに実現します。
SOLUTIONS

FAX業務のこんなお悩みを解決します

  •  FAX業務を効率化したい
  • テレワークでも会社に届いたFAXを確認したい
  • FAX番号を変えずに電子化したい
REASONS

FNX e-受信FAXサービスの特徴

特徴01

紙による管理の
手間とコストを削減

受信したFAXを、PDFファイルとしてデータ化。紙の保管や管理の業務を効率化するだけでなく、ペーパーレス化により、印刷用紙やインク、保管場所のコストを削減します。
どこでも発行可能

リモートでも
FAXを閲覧・返信

受信したFAXのPDFデータは、クラウドサーバーに保存。PCとインターネット環境さえあれば、受信したFAXをどこからでも閲覧でき、そのまま返信することが可能です。
特徴03

現在のFAX番号のまま
電子化を実現

これまで貴社でご利用されていたFAX番号を、FNX e-受信FAXサービスに引き継げます。取引先へのFAX番号の変更通知など、変更の手間はかかりません。
特徴04

アダプタの設置で
手軽に導入可能

FNX e-受信FAXサービスの専用アダプタを貴社のFAXに取り付けるだけで、すぐにサービスをご利用いただけます。
特徴05

部署・事務所単位での
導入にも対応

FAX回線ごとにご導入いただけるため、まずは部署や事務所に限定したスモールスタートでの導入も可能です。
特徴06

何枚受信しても
受信費用は追加0円

FNX e-受信FAXサービスは、受信トレイ数・アダプタ数に応じた月額定額制。何枚受信しても追加料金がかからず、明確なコスト管理を可能にします。

e-受信FAXサービスの便利さをご体験いただけます
CASE

導入実績400拠点以上!

eINABA
TOKYO DIAMOND
G-NET
ALLIQ
株式会社高橋商会
ALTOZ
株式会社トヨコン
WELLSEED
株式会社ヨネキン
YK AKROS
アイホン
ECOLAM
FAX電子化でできることをもっと知りたい方へ
 

【エコラボ合同会社様】業務効率化や在宅勤務の円滑化を実現。

2020/11/06

業務の効率化や通信料、紙の使用量などのコスト削減のみならず在宅勤務しやすい環境づくりにも一役買ったFAXの電子化。既存の設備を活かし、スモールスタートできるのも魅力だった。

【アイホン株式会社様】注文書の処理時間97%削減!スピードアップによるサービス品質の向上に加えて、組織の活性化にもつながったFAX電子化の一手。

2020/10/14

発注書などのFAXが年間24,000枚も届き、その仕分けや返信にかかる時間に悩まされていたという。顧客価値向上に全社で取り組んでいるなか、どうにかこのFAX処理を効率化できないものかと悩んでいた。そんなときに出会ったのが、ネクスウェイの「FNX e-受信FAXサービス」だった。「導入の効果は非常に大きく、当支店での成果をもとに、今後、全社的な導入を推進していく予定です」と話すのは、北関東支店の東氏と森井氏。今回はこの2人に、FAX電子化による変化について話を聞いた。

【YKアクロス株式会社様】月40時間のファイリング時間がゼロに

2020/07/15

ひとつの部門だけで1ヶ月に届く発注書は約1500枚。ファイリングだけで毎月40時間のロスが生じていた。YKアクロス株式会社様がFAX受信における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。

COMPARISON

比較でわかる!受信したFAXの電子化なら
FNX e-受信FAXサービス

  FNX e-受信FAXサービス ASPサービス
A社
インターネットFAX付き
複合機 B社
オンプレミス
FAXサーバ C社 
導入の
しやすさ
FAX番号がそのまま使える FAX番号が変わる FAX番号がそのまま使える FAX番号は変わらないが、
開発費や導入コストが掛かる
初期費用 受信トレイ、
アダプタ費用が発生
回線用意の費用等が発生 複合機本体費用や
サーバ費用等が発生
サーバ構築費用等が発生
ランニング 受信枚数に応じた
追加課金なし!
受信枚数に応じた従量課金 受信FAXの印刷枚数のカウント
利用料、複合機のリプレイス費用、
サーバ維持管理等などが発生
サーバ維持管理費などが発生
保守 自社でシステム
維持管理が不要!
自社でシステム
維持管理が不要!
保守契約が必要 自社でシステム維持管理が必要
拠点展開 拠点・部署ごとの
スモールスタートが可能!
ログインID追加は無制限!
拠点・部署ごとの
スモールスタートが可能だが、
ログインID追加毎に課金が発生
拠点・部署ごとの
スモールスタートが可能だが、
複合機本体の購入が必要
全社導入が必要
 
3分でわかる!e-受信の便利機能を徹底解説
SEMINAR

セミナー

5月13日(木)WEBセミナー|DXで加速するBtoB受発注業務のデジタル化

BtoB企業の”受発注業務のカイゼン方法”を解説! コロナ禍において、企業におけるDX化・デジタル化が一気に進んでいます。 企業間取引における、メール・電話・FAXといったアナログな受発注業務も、従来からの手法からの変革を求められています。 その一方で、「取引先との関係があるからFAXはなくせない...」「BtoB ECを導入したいが、得意先に使ってもらえるか...」「単価設定や商品管理など、複雑な商習慣がある...」という声も多く聞かれます。 本セミナーでは、これから受発注業務のデジタル化を検討されている事業者様向けに、日本の企業間取引における実態やBtoB EC導入におけるポイント、FAX業務の改善方法などをご紹介いたします。 各社様がお持ちの課題感を解決するヒントが盛り沢山となっておりますので、是非ご参加ください!

オンデマンドセミナー|FNX e-受信FAXサービス

「FNX e-受信FAXサービス」の概要から基本的な使い方までをまとめてご紹介するWEBセミナーです。 オンデマンド配信のため、お好きなタイミングで視聴いただけます。 視聴は無料ですのでぜひご覧ください。 本WEBセミナーは2部構成です。 第1部ではなぜFAXはなくならないのか、またなくならないFAX業務を効率化する際のPOINTを講師がわかりやすくご紹介します。 第2部では、FNX e-受信FAXサービスの機能と製品デモをご紹介します。実際の操作感をご覧いただけます。

FEATURES

FNX e-受信FAXサービスの主な機能

機能名 機能詳細
受信したFAX フォルダ管理 受信したFAXをフォルダ管理できます。フォルダの名称・階層はお客様ごとに自由に設定ができます。
ドラッグ&ドロップでFAXをカンタンに移動できます。
自動仕分け機能 FAX番号、受信日時等の条件により、フォルダへの自動仕分けができます。
管理工数の低減につながります。
ステータス管理 ステータスの種類はお客様ごとに自由にカスタマイズいただけます。
「納期回答済み」「見積もり依頼週」「生産中」など、現在の運用に合わせてお使いいただけます。
コピー機能 WEB画面上で、受信したFAXのコピーや不要なページの削除の操作が可能になりました。
受信したFAXを複数の担当者に分けて、それぞれ担当する場合にお使いいただけます。
テキスト・定型文の差込み FAXの任意の位置にテキストを入力できるほか、挿入したい定形文章をご自由に登録いただき、差込んでいただくことも可能です。

画像・デート印の差込み

予め登録した会社ロゴの画像や、当日の日付を反映したデート印をドラッグ&ドロップでカンタンに差込みが可能です。
図形・手書き作成 9色のペン・マーカーでの図形・手書き作成により、斜線を引くなど、現場での細やかな帳票管理をそのまま移管できます。
印刷機能 受信したFAXは、画面で確認するだけでなく、印刷することもできます。
長い間、紙で行われていた業務をいきなり電子化するのも対抗があると思いますが、並行期間を経て、少しずつ慣れていただくこともできます。
FAX送信/メール送信の選択 送信時にはFAX返信や別の番号への転送、メールでの返信も可能なため、現在の現場の運用に合わせた利用が可能です。
差込印刷 図面やカタログなどのPDFデータを送信するFAXファイルに追加して送信できます。
テンプレート機能 帳票の種類や取引先ごとに、コメント内容や押印箇所が決まっている場合、その情報をテンプレートとして登録しておくことが可能です。
※上記は一部の機能です。
3分でわかる!e-受信の便利機能を徹底解説

他にもさまざまな機能がございますので、
詳しくはお問い合わせください。

FAX電子化でできることをもっと知りたい方へ

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます