FAXをパソコンで受信!データ保存!「FNX e-受信FAXサービス」とは?

image


目次[非表示]

  1. 1.今使っているFAX番号がそのまま使える!
  2. 2.クラウド化で簡単運用!さらに優れた視認性・検索性
  3. 3.クラウドだからこそ「導入」がラク!
  4. 4.業務効率化とコスト削減を実現するサービスを届ける


電話番号の変更。これは個人の携帯機種を変える際などに起こる非常に面倒な手続きのひとつです。

それは企業のFAXについても同じことが言えるでしょう。特にビジネスで活用するFAX番号ならなおのこと。

「面倒な上に、コストもかかるから今のままでいいか…。」

このような理由で、「効率化はするだろう」とわかっているソリューションがあったとしても、導入にまで踏み切れないという方は多いことと思います。



そんな「番号変更」の面倒をかけずに、業務効率化を実現できるサービスがございます。

その名も「FNX e-受信FAXサービス」。

これは、WEBブラウザ上で、受信したFAXがカンタンに閲覧・編集・返信でき、さらに今お使いのFAX番号も変えなくてOKという画期的なサービスです。

>>FAX受信業務の効率化ができる「FNX e-受信FAXサービス」の話を聞いてみる 



今使っているFAX番号がそのまま使える!

現代では、ご存知の通りデジタルが主流になってきています。その一方で、視認性の良さや手軽さから、製造業、流通小売業、卸売業などでは、依然としてFAXが業務の重要な役割を担っているのです。

そこで起こる問題のひとつに、「受信した大量のFAXを紙で出力・仕分け・管理しなければならない」ということが挙げられます。
これは、実際の現場では非常に面倒で、大きな課題になっています。

そんな課題を解決すべく、弊社がリリースしたのが「FNX e-受信FAXサービス」です。


FAXアダプタを使うことにより、業界初「FAX番号を変えず、さらにコストアップせずに利用できる」FAX受信サービスを実現しました。
取り付けも簡単で、現在使っているFAXに専用アダプタを設置するだけで利用することができます。


クラウド化で簡単運用!さらに優れた視認性・検索性

また、視認性・検索性が良いというのもポイントです。

クラウドで運用されているため、WEBからも簡単に、受信したFAXを閲覧・編集・返信できます。
もちろん、FAXをイメージデータとして管理できるので、ペーパーレスの実現も可能です。

そのため、紙切れのリスクがなくなり、受信状況の管理、イメージデータの閲覧、検索がすぐにできます。加えて、ステータス管理やコメント機能により、受注登録の2重入力を防止。
外回りが多い方でもインターネットが繋がっているところならば、いつでもどこでも受信したFAXを確認できることは、非常に便利な機能なのではないでしょうか。


クラウドだからこそ「導入」がラク!

「FNX e-受信FAXサービス」は、オンプレミスのFAXサーバではなく、クラウドASPサービスです。

クラウドサービスの利点の一つは、導入がラクにできるということです。
新しいサーバーや電話回線も不要、契約し、専用のアダプタを設置するだけで、すぐ始めることができます。「FNX e-受信FAXサービス」では、フリーダイヤルやナビダイヤルの利用も可能です。

また、災害などのリスクにも強いのがクラウド。セキュリティ面の問題も現在ではオンプレミスと同様に安全なのです。



>>FAX受信業務の効率化ができる「e-受信FAXサービス」の導入事例を見る



業務効率化とコスト削減を実現するサービスを届ける

そうはいっても、このようなサービスはどうしても「相手の企業に合わせる」ということを第一に考えてしまい、なかなか導入が進まない背景があることも事実です。

しかしながら、私達は多くのお客様において、ひとつずつ現場の声を聞き、導入にあたってのサポートをさせていただいております。

その結果、無事に導入を迎え、さらに大きな効果を出している企業様も多くいらっしゃいます。
ぜひ、経験豊富な弊社に業務フローへのフィットも含め、ご相談ください!



>>FAX受信業務の効率化ができる「e-受信FAXサービス」の導入事例を見る

株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援

FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。

企業間商取引の業務効率化ノウハウ

事務所にいなくても、パソコンでFAXを受信するには?

2021-01-08更新: 2021-07-29

従来は、紙を使用して行うしかなかったFAXの受信ですが、現在はパソコンでも受信・編集・返信などが可能です。こちらでは、パソコンでFAXを受信する代表的な方法をご紹介します。

アナログFAXのお悩みを解決!FAX電子化サービスを選ぶ3つのポイントとは?

2021-07-29更新: 2021-07-29

「アナログなFAX業務を効率化したい」 「テレワークでも会社に届いたFAXを確認したい」 「FAX番号を変えずに電子化したい」 こういったお悩みはありませんか? そこで本記事では、「FAX電子化サービスでアナログFAXの悩みが解決できる理由や、具体的な解決策」をご紹介します。 アナログFAXを効率化するための参考にしてください。

【法人向け】ネットでFAXを送信する方法とは|インターネットFAX・クラウド型FAXサービスの選び方を解説

2021-05-25更新: 2021-05-25

取引先などとのやりとりで、FAXを利用している企業も少なくありません。FAXをインターネット経由で送受信できるインターネットFAX・クラウド型FAXサービスを使えば、業務効率化やペーパーレス化を実現できます。FAXをネットで送る方法について解説します。この記事を読んで、インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのメリットや、選び方などの理解を深めてください。

FAXをパソコンで受信するには?|3つの方法とメリット・デメリットを解説

2021-04-20更新: 2021-04-20

FAXをパソコンで受信する方法をご存知でしょうか? 従来、複合機で受信して紙で出力していたFAXをパソコンで受信することで、FAXがある場所まで移動する手間や、FAXを仕分けし、大量の紙を保管する労力を削減できます。 この記事では、FAXをパソコンで受信する方法を検討している方に向けて、パソコン上でFAXのデータを受信する方法や、おすすめのサービスなどについて解説します。自社にあったサービスを導入するための参考にしてください。

繁忙期こそ要注意!この季節だからこそのFAX配信速度の対策

2018-11-02更新: 2021-04-08

年末年始は取引量が増加し、回線への負担が多くなり、FAX滞留による遅配などトラブルの増す季節でもあるかと思います。今回は、現場から伺った事例より、この季節だからこそのFAX配信における配信速度の対策をご紹介します。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

人気資料ダウンロード
BtoB取引の帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\選定の5つのPOINT付き/
FAX受信サービス 選び方ガイド

クラウドFAXサービス導入を 成功させる6つのポイント!
クラウドFAXサービス導入を
成功させる6つのポイント!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧