システム連携実績が豊富!ネクスウェイのFNX e-帳票FAXサービス

サービス


こんにちは。「FNX e-帳票FAXサービス」の担当営業の石井です。

私どもネクスウェイの提供する、クラウドFAXサービス「FNX e-帳票FAXサービス」はサービス提供以来、約800社を超えるお客様にご利用いただいています。

今回は、「FNX e-帳票FAXサービス」がなぜ選ばれるのか?その理由を徹底解説いたします!


目次[非表示]

  1. 1.企業におけるクラウドサービスの利用は増加傾向
  2. 2.ASPサービスとFAXサーバの連携も増加
  3. 3.なぜ選ばれるのか?ネクスウェイのFNX e-帳票FAXサービス
    1. 3.1.豊富な連携・導入実績
    2. 3.2.SIer企業から感謝の声も届いています!



企業におけるクラウドサービスの利用は増加傾向


総務省の発表した「平成30年版 情報通信白書」によると、クラウドサービスを利用している企業の割合は56.9%となり、調査開始以降、初めて半数を超え、クラウドサービス導入がますます進む実体を表す調査結果となりました。

▼参考:総務省「平成30年版 情報通信白書」 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd252140.html


▼クラウドサービスの利用状況

クラウドサービスの利用状況

また、AWSやMicrosoft Azureの利用規模の拡大が拍車を掛け、企業のクラウドの利用も拡大しています。


ASPサービスとFAXサーバの連携も増加

このように、企業におけるクラウドサービスの利用が増加するにつれ、エンドユーザで利用している、もしくは今後利用するシステムとの連携も増えることは容易に想像できます。

連携の一つとして、各種ASPサービスとFAXサーバの連携もあげられます。


私共とお取引のある、ソフトウェアベンダーからは

「顧客からの要望や案件相談で

  • 発注書や納品書といった帳票のやり取りをクラウド化したい
  • 発注の締め時間にFAX送信の遅れは致命傷。確実な配信品質を確保してほしい
  • 競合優位性を保つにはFAXでの納期の即時回答は必須
  • 請求書、支払通知書などは月末・月初に一括大量送信をしたい

 という要望が多くなっている」

という話をよく聞くようになりました。



なぜ選ばれるのか?ネクスウェイのFNX e-帳票FAXサービス

ネクスウェイのクラウドFAXサービス「FNX e-帳票FAXサービス」なら、

  • 弊社保有の大量の回線により、大量データを圧倒的なスピードで配信可能
  • WEB管理画面で送信原稿の検索・確認が容易に行える
  • 導入から納品また稼働後のサポートを専門技術スタッフがサポート


といったメリットがあり、SIer企業のみならず、エンドユーザにも大きなメリットをご提供できます。


FAX送信時間を従来の0.4%に削減!|FAX業務の効率化の事例>>>

5年間の運用コストを400万円以上も削減!|FAX業務のコスト削減の事例>>>

毎月7万枚のFAX配信をアウトソース|FAXサーバからクラウドへの移行事例>>>



豊富な連携・導入実績

FNX e-帳票FAXサービス」は、オープン系システム、オフコンやホスト、ERPや、EDIシステムや帳票システムなど様々なアプリケーション、ソフトウェアとの連携が可能です。

また、約800社のお客様にご導入いただいている実績があり、品質・実績ともに業界最高レベルなことも安心してご利用いただけるポイントです。


SIer企業から感謝の声も届いています!

FNX e-帳票FAXサービス」を案件内でご利用・ご連携いただいているベンダー様においては、

「配信スピード向上によって取引先からレスが早くなったと喜ばれた」
「不達検知や対処が早くなることで、機会損失がなくなった」


という顧客からのお声をいただいき、顧客との関係性向上につながったという企業様も多くいらっしゃいます。

>>>FNX e-帳票FAXサービス 連携実績一覧はこちらから


いかがでしたでしょうか?
お客様の企業で、もしくはクライアント企業において、クラウドサービスとFAXサーバの連携にお困りの事案がございましたら、経験と実績豊富なネクスウェイにぜひご相談くださいませ。

ご興味がございましたら、こちらよりお気軽にご連絡ください。


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援

FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。

企業間商取引の業務効率化ノウハウ

月40時間のファイリング時間がゼロに!在宅勤務にも対応し、“新たな働き方”を実現【YKアクロス株式会社様】

2021-03-05更新: 2021-11-26

ひとつの部門だけで1ヶ月に届く発注書は約1500枚。ファイリングだけで毎月40時間のロスが生じていた。YKアクロス株式会社様がFAX受信における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。

アナログFAXのお悩みを解決!FAX電子化サービスを選ぶ3つのポイントとは?

2021-07-29更新: 2021-11-15

「アナログなFAX業務を効率化したい」 「テレワークでも会社に届いたFAXを確認したい」 「FAX番号を変えずに電子化したい」 こういったお悩みはありませんか? そこで本記事では、「FAX電子化サービスでアナログFAXの悩みが解決できる理由や、具体的な解決策」をご紹介します。 アナログFAXを効率化するための参考にしてください。

3ヶ月で25,000枚の紙を削減。FAX受注の処理が劇的に変化【株式会社オーリック様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

1日に100枚弱も届くFAXを複合機へ取りに行くのに余計な時間がかかっていた。こうした課題を解決するために、ネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入。発注書の仕分けも画面上で簡単に操作できるため、1日あたり約20分の時間削減につなげている。また、発注書がすべてデータ管理になり、保管場所を用意する必要がなくなった。また、3ヶ月で25,000枚分ものペーパーレスにつながった。

FAX受発注業務の劇的な業務改善とともに顧客満足度の向上も実現【因幡電機産業株式会社電材西日本事業部様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

営業担当者1人当たり1日100枚弱のFAXが届き 仕分けや処理に多大な手間がかかっていた。こうした課題を解決するために、同社はネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入、営業担当者と事務スタッフの業務を大幅に改善し、顧客満足度の向上までを実現した。

FAXが原因でテレワークができないと思ってはいませんか?

2021-04-08更新: 2021-10-08

コロナ禍や働き方改革など、世の中の関心が高まっているテレワーク。「いつでもどこでもFAX!」でテレワークを実現しませんか?クラウドFAXサービスを活用することで、いつでも、どこでも、時間や場所にとらわれずに受信したFAXの確認、返信、管理をすることが可能になります。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

人気資料ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\選定の5つのPOINT付き/
FAX受信サービス 選び方ガイド

クラウドFAXサービス導入を 成功させる6つのポイント!
クラウドFAXサービス導入を
成功させる6つのポイント!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧