【導入時の悩み】オンプレミスとクラウドはどっちがいい?双方のメリット・デメリットを徹底比較!

image

オンプレミスか、クラウドか。

これは企業のITシステムの管理者にとって非常に悩ましい問題です。
とはいえ、ここ数年間の急激なテクノロジーの進化によって、オンプレミスからクラウドへの移行を考えている方が増えていることも事実。

そこで今回は、もう一度オンプレミスとクラウド双方のメリット・デメリットを比較し、果たして実際はどちらがいいのか?ということを考えていきたいと思います。


目次[非表示]

  1. 1.強固なセキュリティを構築可能!オンプレミスのメリットとは?
  2. 2.技術者泣かせ。障害・災害時・バックアップは…自分たちで!
  3. 3.保守・運用がラク!クラウドサービスのメリットとは?
  4. 4.セキュリティ面はやはり「不安が残る」クラウド
  5. 5.双方のメリット・デメリットを理解した上で「自社に合う」方を選ぶべし



強固なセキュリティを構築可能!オンプレミスのメリットとは?

オンプレミスのメリットは、やはり自前のローカル環境で通信ができることです。クラウドは多くの人たちが接続するという側面からも、やはり接続環境の問題はつきものです。

だからこそ、スムーズな接続と「自分たちだけの環境」を作れるのはオンプレミスの大きなメリットです。また、ローカルだからこそのカスタマイズの幅はとても広く、強いセキュリティーも構築することができます。


一方で、自分で作るからこそシステムを保守するための維持費や初期導入費がとてもかかってしまいます。
例えて言うならば、オンプレミスは土地付きで買った一軒家と言ってもいいでしょう。

そのため、オンプレミスは自分たちのものゆえに、保守管理の側面から見ると非常に手がかかります。


技術者泣かせ。障害・災害時・バックアップは…自分たちで!

オンプレミスのデメリットは導入時の費用が高いということもありますが、やはり継続して活用していく際に発生する保守費用。

特に障害がおきてしまったときの対応は自社のリソースを使って対応しなければなりません。そうなった際に、従業員の人件費はもちろんのこと、修理にかかる費用も自社持ちです。
また、いつ災害が起こるかわからない日本では、災害時の対応もきちんと準備をしておかなければなりません。そして、もしものときは現場に急行しなければいけない…!

経営者のみならず、それらの職務を担う、SIerからしても非常に大変なことです。なんせ、オンプレミスはいわゆる「自分の城」なのですから…。


保守・運用がラク!クラウドサービスのメリットとは?

では、クラウドサービスのメリットとはなんでしょうか。 第一に、初期費用がオンプレミスほどかからないという点が挙げられます。自社にサーバーを置く必要もなく、必要になったら増量もできるのは拡張性の高いクラウドサービスの特権です。

また、クラウドではオンプレミスの一番のデメリットであった保守・運用面が非常にラクになります。
基本的に、障害時はサービス提供者が対応にあたるため、自社のリソースを大幅に使わなくてもいいのです。加えて、災害時も大半のクラウドサービス業者がサービスセンターを強固な場所に構えているので安心できます。
ということは、それを保守するSIerも「非常にラクな運用がでるため、違う部分にリソースを割くことができる」とも言えるでしょう。

さらに、クラウドは「必要なときだけ必要な分使える」ため、無駄なコストをかけることもなく柔軟な対応が可能です。

例えるならば、クラウドは優秀な管理人のいる“拡張可能な”マンションというイメージでしょうか。


セキュリティ面はやはり「不安が残る」クラウド

いいことだらけのクラウド…かと思いきや、不安なのはやはりセキュリティ面です。

オンプレミスのメリットにもあるように、社内ネットワークとインターネットの間にセキュリティを設置することでローカルで堅牢な環境が構築できます。

しかし、クラウドは社外のサーバーを使うので、セキュリティ面が非常に複雑になります。また、コンプライアンスの側面では、データの運用を外部の企業に委ねることになるので、「運用を任せる企業選び」が非常に重要になってきます。ここで注意しておきたいのは、海外の企業やデータセンターを利用する場合には日本と異なる法令が適用されるということもあるという点です。


双方のメリット・デメリットを理解した上で「自社に合う」方を選ぶべし

オンプレミス・クラウドは両方ともメリット・デメリットがあります。

とはいえ、一長一短というよりは、現在では使いやすさ、コストメリット、保守・運用などの観点から見ると、クラウドの方が一歩リードしていると言えるのではないでしょうか。

前述の通り、セキュリティ面に問題のあるクラウドですが、そこはきちんとした企業選びがキーポイントになるでしょう。
そうなると、やはり「国産のクラウドサービス」というのは使いやすさなどを鑑みてもオススメできます。

ガラパゴス化という言葉が出てきて数年。一見悪い意味で捉えられがちですが、この言葉の裏には「ローカライズされた使いやすさ」があることも事実です。

上記のことも踏まえつつ、自社に合わせた環境を選んでみてはいかがでしょうか。


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援

FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。

企業間商取引の業務効率化ノウハウ

月40時間のファイリング時間がゼロに!在宅勤務にも対応し、“新たな働き方”を実現【YKアクロス株式会社様】

2021-03-05更新: 2021-11-26

ひとつの部門だけで1ヶ月に届く発注書は約1500枚。ファイリングだけで毎月40時間のロスが生じていた。YKアクロス株式会社様がFAX受信における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。

アナログFAXのお悩みを解決!FAX電子化サービスを選ぶ3つのポイントとは?

2021-07-29更新: 2021-11-15

「アナログなFAX業務を効率化したい」 「テレワークでも会社に届いたFAXを確認したい」 「FAX番号を変えずに電子化したい」 こういったお悩みはありませんか? そこで本記事では、「FAX電子化サービスでアナログFAXの悩みが解決できる理由や、具体的な解決策」をご紹介します。 アナログFAXを効率化するための参考にしてください。

3ヶ月で25,000枚の紙を削減。FAX受注の処理が劇的に変化【株式会社オーリック様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

1日に100枚弱も届くFAXを複合機へ取りに行くのに余計な時間がかかっていた。こうした課題を解決するために、ネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入。発注書の仕分けも画面上で簡単に操作できるため、1日あたり約20分の時間削減につなげている。また、発注書がすべてデータ管理になり、保管場所を用意する必要がなくなった。また、3ヶ月で25,000枚分ものペーパーレスにつながった。

FAX受発注業務の劇的な業務改善とともに顧客満足度の向上も実現【因幡電機産業株式会社電材西日本事業部様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

営業担当者1人当たり1日100枚弱のFAXが届き 仕分けや処理に多大な手間がかかっていた。こうした課題を解決するために、同社はネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入、営業担当者と事務スタッフの業務を大幅に改善し、顧客満足度の向上までを実現した。

FAXが原因でテレワークができないと思ってはいませんか?

2021-04-08更新: 2021-10-08

コロナ禍や働き方改革など、世の中の関心が高まっているテレワーク。「いつでもどこでもFAX!」でテレワークを実現しませんか?クラウドFAXサービスを活用することで、いつでも、どこでも、時間や場所にとらわれずに受信したFAXの確認、返信、管理をすることが可能になります。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

人気資料ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\選定の5つのPOINT付き/
FAX受信サービス 選び方ガイド

クラウドFAXサービス導入を 成功させる6つのポイント!
クラウドFAXサービス導入を
成功させる6つのポイント!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧