企業に求められるシステムのBCP対策とは?|事例から考える


目次[非表示]

  1. 1.今だからこそ考えさせられるシステムのBCP対策!
  2. 2.閑話休題|BCPとは?
  3. 3.大地震による企業活動の停止。明暗を分けたのは、データセンターの活用
  4. 4.受発注業務は、商社の生命線。ここまで行う、BCP対策!
  5. 5.見えないコストを考える柔軟性

  

今だからこそ考えさせられるシステムのBCP対策!

こんにちは。営業の須藤です。
9月最後の三連休も終わり、残暑が厳しいなんてことを例年耳にする時期かと思いますが、私としては、今年はそうでもないなと感じております。それは、例年以上に気温が高かったこともありますが、台風による豪雨や、関西や北海道で発生した大地震など、暑さのみを気にするほど平穏な夏ではなかったからだと思います。


東京在住の私が、自然の驚異を感じられたのは、全国各地に出張し、今や企業活動に欠かせないIT部門担当者の現場の声を聞けたからだと思います。


そこで、今回は、私が実際に訪問やお話を伺った、IT部門担当者の現場の声を元に、“今だからこそのBCP対策”について考えたいと思います。


閑話休題|BCPとは?

既にご存知の方も多いかと思いますが、中小企業庁によると

BCP(Business Continuity Plan:緊急時企業存続計画または事業継続計画)

とは、

企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画

とされています。近年の大規模災害の発生を受け、システムの冗長化やバックアップなどの具体的かつ複合的な対策を講じる企業が増えてきていると言われています。


大地震による企業活動の停止。明暗を分けたのは、データセンターの活用

2018年9月6日、北海道で地震が発生した時には、すでに北海道出張は確定していました。

地震で訪問どころではないと承知しつつ、お客様の状況を確認するために電話をしたところ、「停電で、システムが全てダウンしている」「出社しているのは、情報システム部の人間だけ」と、被害の大きさを痛感しました。

多くの企業が完全に企業活動を停止する中、通常通り営業している企業がありました。その企業は、システムの運用をデータセンターに委託しており、電源の冗長化、自家発電完備と、他企業とは異なる事業運営を可能としておりました。

話を伺うと、「事業継続こそが復興への近道、もしもの際の投資が重要」と力強い言葉をいただきました。


出展:国立研究開発法人「防災科学技術研究所」 
http://www.j-shis.bosai.go.jp/



今後30年以内に震度6弱以上の大地震発生確率は年々上昇しており、日本工業の中心である太平洋ベルト付近では、高確率で地震が発生すると予測されております。


近年、多くの自然災害が発生したことにより、企業活動におけるITの重要性が高まるなか、事業継続の観点から情報システムの安全性、可用性についての認識を改める企業が増加していることを感じました。


受発注業務は、商社の生命線。ここまで行う、BCP対策!

2018年7月に西日本で発生した豪雨において、1つの拠点が数日間完全に無人化してしまった、ある商社のIT部門へ訪問した際の話です。

この会社は、全国の各拠点が毎日注文を受け、発注入力まで行っています。入力された発注情報はDR対策が行われている本社の基幹システムに集約され、その後4つの拠点に設置したFAXサーバーよりFAX配信が行われるシステム構成となっていました。

各拠点のFAXサーバーは、仮に3拠点のシステムがダウンしても1拠点で対応できるよう設計されていました。そのため、今回の豪雨により、1拠点が無人化しサーバーに影響があったそうですが、残りの拠点で対応できたというわけです。



ここまでのシステム投資を行う会社はなかなか見受けられませんが、この商社様は、今後、同等のスペックが用意されるクラウド型のFAX配信サービスを検討するようです。

オンプレ型よりもランニングコストは増加しますが、「現在のオンプレ型と同等のスペックがあり、運用の手間が削減されるメリットがあるのならば、リスク面の観点からも検討したい」とのことです。


見えないコストを考える柔軟性

今回ご紹介した2社に共通して言えるのは、目先のコストにとらわれず、見えないコストを考える柔軟性があるということだと思います。

データセンターの運用コストは、1年で自社構築の費用の5年分に相当するなど、スペックやオプションにもよりますが、高額になることが多いです。FAXサーバーにしても、オンプレ型からクラウド型への移行は、「通信費」のみで比較するとコスト高になることが多いです。

それでも、「もしもの時のコスト」を考えることは、企業の事業継続という観点からも必要なのかもしれません。


***


FAXを受発注業務に使う企業にとって、万が一の場合にも問題なく送受信ができる体制・機器を整えておくことが重要です。

クラウドFAXサービスは、FAXの大量送信・送達管理だけではなく、BCP対策としても最適なソリューションともなります。FAX配信基盤のBCP対策を検討中の企業様は、ぜひ「FNX e-帳票FAXサービス」のご利用をご検討ください。



FAX配信業務の効率化ができる「FNX e-帳票FAXサービス」のサービス資料をダウンロードする【無料】





企業間商取引の業務効率化ノウハウ

事務所にいなくても、パソコンでFAXを受信するには?

2021-01-08更新: 2021-07-29

従来は、紙を使用して行うしかなかったFAXの受信ですが、現在はパソコンでも受信・編集・返信などが可能です。こちらでは、パソコンでFAXを受信する代表的な方法をご紹介します。

アナログFAXのお悩みを解決!FAX電子化サービスを選ぶ3つのポイントとは?

2021-07-29更新: 2021-07-29

「アナログなFAX業務を効率化したい」 「テレワークでも会社に届いたFAXを確認したい」 「FAX番号を変えずに電子化したい」 こういったお悩みはありませんか? そこで本記事では、「FAX電子化サービスでアナログFAXの悩みが解決できる理由や、具体的な解決策」をご紹介します。 アナログFAXを効率化するための参考にしてください。

【法人向け】ネットでFAXを送信する方法とは|インターネットFAX・クラウド型FAXサービスの選び方を解説

2021-05-25更新: 2021-05-25

取引先などとのやりとりで、FAXを利用している企業も少なくありません。FAXをインターネット経由で送受信できるインターネットFAX・クラウド型FAXサービスを使えば、業務効率化やペーパーレス化を実現できます。FAXをネットで送る方法について解説します。この記事を読んで、インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのメリットや、選び方などの理解を深めてください。

FAXをパソコンで受信するには?|3つの方法とメリット・デメリットを解説

2021-04-20更新: 2021-04-20

FAXをパソコンで受信する方法をご存知でしょうか? 従来、複合機で受信して紙で出力していたFAXをパソコンで受信することで、FAXがある場所まで移動する手間や、FAXを仕分けし、大量の紙を保管する労力を削減できます。 この記事では、FAXをパソコンで受信する方法を検討している方に向けて、パソコン上でFAXのデータを受信する方法や、おすすめのサービスなどについて解説します。自社にあったサービスを導入するための参考にしてください。

繁忙期こそ要注意!この季節だからこそのFAX配信速度の対策

2018-11-02更新: 2021-04-08

年末年始は取引量が増加し、回線への負担が多くなり、FAX滞留による遅配などトラブルの増す季節でもあるかと思います。今回は、現場から伺った事例より、この季節だからこそのFAX配信における配信速度の対策をご紹介します。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

人気資料ダウンロード
BtoB取引の帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\選定の5つのPOINT付き/
FAX受信サービス 選び方ガイド

クラウドFAXサービス導入を 成功させる6つのポイント!
クラウドFAXサービス導入を
成功させる6つのポイント!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧