【2021年6月版】新型コロナウイルス感染症のFAX受発注業務への影響調査アンケートレポート

【2021年6月版】新型コロナウイルス感染症のFAX受発注業務への影響調査アンケートレポート


長引く新型コロナウイルス感染症の影響で、様々な業界で対応が迫られており、日本経済への影響も無視できない状況となってきております。

そこで、ネクスウェイでは、2020年7月~2021年5月の間に3回にわたって、「新型コロナウイルス感染症のFAX受発注業務への影響調査」を実施いたしました。


その結果の一部をご報告するとともに、FAX受発注業務における課題について改めて考えたいと思います。


本調査レポートの全編はこちらからダウンロードいただけます(無料)>>


目次[非表示]

  1. 1.調査概要
  2. 2.コロナ流行から時間が経過することで、影響は減少傾向
  3. 3.コロナ禍初期のテレワーク実施率は約50%、その後減少傾向
  4. 4.「紙が多い」「紙の仕分けが手間」はコロナ禍前後を問わず、普遍的な課題
  5. 5.調査レポートの全編ダウンロードはこちらから(無料)
  6. 6.FAX受発注業務の改善ならFAX受信サービスが最適


調査概要

● 調査概要

調査方法:アンケートDM(郵送)
回答方法:WEBもしくはFAX
調査内容:新型コロナウイルス感染症のFAX受発注業務への影響調査
調査期間:①2020年7月/②2021年1月/③2021年6月(計3回)


● 調査対象

全国の製造業・卸売業
売上高100億円以上、従業員数100名以上


● 調査結果

回答者数:計157名(①17名/②32名/③108名)





コロナ流行から時間が経過することで、影響は減少傾向

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、FAXを用いた受発注業務への影響は出ていますか?


一回目の緊急事態が明けた直後の2020年7月は「今後影響が出てくる」「すでに影響がでている」の割合が約半数を占めていたのに対し、2021年1月・5月ではその割合が20~30%に低下しています。

流行初期から時間が経過したことにより、企業で対策が取られ影響が抑えられたことが推測できます。


また、2021年1月・5月では、「受発注にFAXを用いていない」の割合が約20%まで増加しています。コロナ禍以降、FAXを用いた受発注手段を廃止した企業が一定数いるといえそうです。




コロナ禍初期のテレワーク実施率は約50%、その後減少傾向


受発注業務を行っている部門におけるテレワーク就業のおおよその割合はどの程度ですか?



2020年7月は、週1日以上テレワークを行う割合が約半数を占めていたのに対し、2021年5月以降はその割合が約35%まで減少しています。

特に「週1~2日」の割合低下が最も大きく、コロナ禍初期はテレワークをしていたものの、何らからの理由で完全出社に切り替えた企業があるものと推測できます。


一方で、2020年7月には回答がなかった「週5日」テレワーク就業が、わずかながら2021年1月・5月では回答があるのも注目ポイントです。企業によっては受発注業務を完全在宅で行う仕組みを整えたとも考えられます。




「紙が多い」「紙の仕分けが手間」はコロナ禍前後を問わず、普遍的な課題

FAX受信における課題を教えてください



経年比較を見ると、「紙が多い」「紙の仕分けが手間」「紙の保管が手間・コストがかかる」「外出先でFAXが見れない」はコロナ禍前後を問わず、比較的高い回答率を維持しており、普遍的な課題といえそうです。


一方、コロナ禍により課題感が増すと想定された「在宅・テレワーク(RW)でFAXが見れない」の回答割合はそこまで拡大しなかったことも注目ポイントといえます。

前述の通り、すでに対策を講じた企業やFAXを用いた受発注を見直した影響があるものと推測できそうです。



調査レポートの全編ダウンロードはこちらから(無料)


調査レポートの一部をご紹介しましたが、下記からレポート全編をダウンロードいただけます。



FAX受発注業務の改善ならFAX受信サービスが最適


本調査の結果にもありました通り、「紙が多い」「紙の仕分けが手間」「紙の保管が手間・コストがかかる」「外出先でFAXが見れない」などは、FAX受発注業務を行う上で課題になることが多いです。

ネクスウェイの自動FAX受信サービス「FNX e-受信FAXサービス」は、

  • 受信したFAXはWEB画面から確認・編集・返信が可能
  • 自動仕分け
  • データはクラウドサーバーに保管されるので保管コストを削減
  • 外出先・在宅勤務でもWEB画面からFAXを確認できる

などの面でご評価をいただいています。


現状のFAX受信業務に課題感を覚えている企業様は、ぜひご相談ください。

>>FAX受信業務の効率化ができる「e-受信FAXサービス」の資料をダウンロードする【無料】




「FNX e-受信FAXサービス」のお問い合わせはこちらから

株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援

FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。

企業間商取引の業務効率化ノウハウ

月40時間のファイリング時間がゼロに!在宅勤務にも対応し、“新たな働き方”を実現【YKアクロス株式会社様】

2021-03-05更新: 2021-11-26

ひとつの部門だけで1ヶ月に届く発注書は約1500枚。ファイリングだけで毎月40時間のロスが生じていた。YKアクロス株式会社様がFAX受信における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。

アナログFAXのお悩みを解決!FAX電子化サービスを選ぶ3つのポイントとは?

2021-07-29更新: 2021-11-15

「アナログなFAX業務を効率化したい」 「テレワークでも会社に届いたFAXを確認したい」 「FAX番号を変えずに電子化したい」 こういったお悩みはありませんか? そこで本記事では、「FAX電子化サービスでアナログFAXの悩みが解決できる理由や、具体的な解決策」をご紹介します。 アナログFAXを効率化するための参考にしてください。

3ヶ月で25,000枚の紙を削減。FAX受注の処理が劇的に変化【株式会社オーリック様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

1日に100枚弱も届くFAXを複合機へ取りに行くのに余計な時間がかかっていた。こうした課題を解決するために、ネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入。発注書の仕分けも画面上で簡単に操作できるため、1日あたり約20分の時間削減につなげている。また、発注書がすべてデータ管理になり、保管場所を用意する必要がなくなった。また、3ヶ月で25,000枚分ものペーパーレスにつながった。

FAX受発注業務の劇的な業務改善とともに顧客満足度の向上も実現【因幡電機産業株式会社電材西日本事業部様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

営業担当者1人当たり1日100枚弱のFAXが届き 仕分けや処理に多大な手間がかかっていた。こうした課題を解決するために、同社はネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入、営業担当者と事務スタッフの業務を大幅に改善し、顧客満足度の向上までを実現した。

FAXが原因でテレワークができないと思ってはいませんか?

2021-04-08更新: 2021-10-08

コロナ禍や働き方改革など、世の中の関心が高まっているテレワーク。「いつでもどこでもFAX!」でテレワークを実現しませんか?クラウドFAXサービスを活用することで、いつでも、どこでも、時間や場所にとらわれずに受信したFAXの確認、返信、管理をすることが可能になります。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

人気資料ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\選定の5つのPOINT付き/
FAX受信サービス 選び方ガイド

クラウドFAXサービス導入を 成功させる6つのポイント!
クラウドFAXサービス導入を
成功させる6つのポイント!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧