受注・問い合わせ対応の負担をクラウドFAX受信サービスで軽減

FAXによる受注・問い合わせ対応が業務において大きな負担になっていないでしょうか。

一方で、顧客や取引先を無視して独断でFAXでの受注・問い合わせ対応をやめることも現実的ではないでしょう。


こちらでは、FAXでの受注・問い合わせ対応の問題点や、そうした問題のソリューションとなるクラウドFAX受信サービスについてお話しします。


>>>FAX受発注業務を効率化できる「FNX e-受信FAXサービス」の資料をダウンロードする【無料】


目次[非表示]

  1. 1.1. FAXでの受注・問い合わせ対応の問題点
    1. 1.1.- 紙を取りに行く手間
    2. 1.2.- 担当者への仕分けコスト
    3. 1.3.- 紛失リスク
    4. 1.4.- 返信の工数・コスト
  2. 2.2. クラウドFAX受信サービスによる受注・問い合わせ対応の効率化
    1. 2.1.- クラウドでの文書管理によるメリット
    2. 2.2.- 自動仕分け設定が可能
    3. 2.3.- 紛失リスクの軽減
    4. 2.4.- 返信が容易
  3. 3.3. FNX e-受信FAXサービスの特徴
    1. 3.1.- FAX番号が変わらない
    2. 3.2.- 導入がスムーズ
    3. 3.3.- 受信枚数に関わらず定額


1. FAXでの受注・問い合わせ対応の問題点

FAXでの受注・問い合わせ対応を行っている場合、以下のような問題点が考えられます。


- 紙を取りに行く手間

発注書・問い合わせをFAXで受信する度に複合機まで取りに行かなければなりません。その都度、席を立ち、進行中の作業を中断する必要があります。一回あたりの手間はさほど大きくありませんが、大量にFAXを受信している場合はそれだけで社員のリソースが大きく圧迫されてしまうでしょう。

だからといってFAXを放置していると、今度はリードタイムへの悪影響、顧客・取引先との関係性悪化、機会損失といったリスクが考えられます。



- 担当者への仕分けコスト

複数人がいるオフィスでも、一般的に導入されている複合機は複数人で共有していることでしょう。受信したFAXは、それぞれ誰が対応を担当するのか仕分けを行う必要があります。

出力されたFAXの内容や発番から担当者を判断することが多いと思いますが、この作業も積み重なると決して無視できないコストになります。



- 紛失リスク

紙で出力される特性上、紛失してしまうリスクが常につきまといます。

発番さえわかればリカバリーできることが多いものの、対応に時間がかかってしまう可能性は否定できません。対応遅れや、紛失の発覚が遅れた場合、機会損失も考えられます。


また、発信元との「送った」「届いていない」といったやり取りは時間がかかるだけでなく、度重なった場合、信用問題にも繋がりかねません。



- 返信の工数・コスト

発注・問い合わせのFAXに対してFAX返信を行うというフローをとっている場合、返信の工数・コストも問題です。

出力された紙に手書きして返信する場合は、受信先で文字の劣化が生じる可能性もあります。その結果、確認対応で電話連絡が発生することも少なくありません。





2. クラウドFAX受信サービスによる受注・問い合わせ対応の効率化



上述したようなFAX受信の問題に直面している企業にこそおすすめしたいのが、クラウドFAX受信サービスによる受注・問い合わせ対応です。

具体的には、以下のような対応効率化が期待できます。



- クラウドでの文書管理によるメリット

クラウドFAX受信サービスサービスでは、受信したFAXがすべてデータとしてクラウド上に格納されます。複合機まで紙を取り行く必要はなく、社員はそれぞれのデスクにいながら、PC上でデータを確認可能です。

また、ファイル名や送信元のFAX番号などにより、文書の検索性が向上するというメリットもあります。


複合機の印刷数に応じて発生するカウンター料金を削減できるというメリットもあります。もちろん、紙の文書が必要な場合は必要に応じてファイルを印刷すればよいので問題ありません。

さらに、インターネットさえあれば、外出先の端末でもクラウドシステムに接続して文書を確認可能なため、近年普及しているテレワークにも有効な手段と言えます。



- 自動仕分け設定が可能

クラウドFAX受信サービスでは送信元のFAX番号などに応じて、任意のフォルダに振り分ける自動仕分け設定が利用できます。紙の仕分けよりも格段にスピーディーです。

何より、送信元のFAX番号や文書の内容をみて仕分ける手間がかかりません



- 紛失リスクの軽減

文書のデータはクラウド上に格納されているため、紛失リスクが少ない点もメリットです。

一方で、絶対にデータがなくならないわけではありません。誤って削除してしまうことも考えられるため、重要な文書に関してはユーザー自身によるバックアップが求められます。



- 返信が容易

サービスによっては、クラウド上の文書を直接編集することも可能です。この機能は返信において大いに役立ちます。紙のFAXのように、一度出力して手書きし、その後に送信するといった手間が発生しません。

またデータを直接編集するため、文字の劣化も防ぐことができます。




3. FNX e-受信FAXサービスの特徴

ネクスウェイが提供しているFNX e-受信FAXサービスの特徴をご案内します。


- FAX番号が変わらない

すでにFAXを利用している場合、インターネットFAXサービスに移行すると通常はFAX番号が変わります。

一方、FNX e-受信FAXサービスでは既存のFAX番号をそのまま使用可能です。そのため、番号変更の手間や、新しい番号を取引先・顧客に周知する必要はありません。



- 導入がスムーズ

FNX e-受信FAXサービスは専用アダプタを複合機などのFAX回線に取り付けるだけで導入できます。サーバーや新たな回線は不要です。

急ぎでクラウドFAX受信サービスサービスが必要な場合もスムーズに導入いただけます。



- 受信枚数に関わらず定額

FNX e-受信FAXサービスのランニングコストは、受信トレイ数・貸与するアダプタ数によって決まります。ログインIDの追加や受信枚数による料金の増加はありません。

これまでたくさんFAXを受信している場合は、FNX e-受信FAXサービスへの移行によってコストダウンが期待できます。


>>>FAX受発注業務を効率化できる「FNX e-受信FAXサービス」の資料をダウンロードする【無料】

***


受注・問い合わせ対応をFAXで行っている現場では、クラウドFAX受信サービスへの移行によって今回ご紹介したようなメリットが期待できるでしょう。

顧客や取引先との関係上、FAXでの受注・問い合わせ対応を継続しなければならない場合は、ぜひクラウドFAX受信サービスの利用をご検討ください。




FAX自動受信サービス「FNX e-受信FAXサービス」の詳細はこちらから


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援

FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。

企業間商取引の業務効率化ノウハウ

月40時間のファイリング時間がゼロに!在宅勤務にも対応し、“新たな働き方”を実現【YKアクロス株式会社様】

2021-03-05更新: 2021-11-26

ひとつの部門だけで1ヶ月に届く発注書は約1500枚。ファイリングだけで毎月40時間のロスが生じていた。YKアクロス株式会社様がFAX受信における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。

アナログFAXのお悩みを解決!FAX電子化サービスを選ぶ3つのポイントとは?

2021-07-29更新: 2021-11-15

「アナログなFAX業務を効率化したい」 「テレワークでも会社に届いたFAXを確認したい」 「FAX番号を変えずに電子化したい」 こういったお悩みはありませんか? そこで本記事では、「FAX電子化サービスでアナログFAXの悩みが解決できる理由や、具体的な解決策」をご紹介します。 アナログFAXを効率化するための参考にしてください。

3ヶ月で25,000枚の紙を削減。FAX受注の処理が劇的に変化【株式会社オーリック様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

1日に100枚弱も届くFAXを複合機へ取りに行くのに余計な時間がかかっていた。こうした課題を解決するために、ネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入。発注書の仕分けも画面上で簡単に操作できるため、1日あたり約20分の時間削減につなげている。また、発注書がすべてデータ管理になり、保管場所を用意する必要がなくなった。また、3ヶ月で25,000枚分ものペーパーレスにつながった。

FAX受発注業務の劇的な業務改善とともに顧客満足度の向上も実現【因幡電機産業株式会社電材西日本事業部様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

営業担当者1人当たり1日100枚弱のFAXが届き 仕分けや処理に多大な手間がかかっていた。こうした課題を解決するために、同社はネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入、営業担当者と事務スタッフの業務を大幅に改善し、顧客満足度の向上までを実現した。

FAXが原因でテレワークができないと思ってはいませんか?

2021-04-08更新: 2021-10-08

コロナ禍や働き方改革など、世の中の関心が高まっているテレワーク。「いつでもどこでもFAX!」でテレワークを実現しませんか?クラウドFAXサービスを活用することで、いつでも、どこでも、時間や場所にとらわれずに受信したFAXの確認、返信、管理をすることが可能になります。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

人気資料ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\選定の5つのPOINT付き/
FAX受信サービス 選び方ガイド

クラウドFAXサービス導入を 成功させる6つのポイント!
クラウドFAXサービス導入を
成功させる6つのポイント!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧