FAXが原因でテレワークができないと思ってはいませんか?

FAXが原因でテレワークができないと思ってはいませんか?"

みなさまの会社では、テレワークは導入されていますでしょうか?
弊社ネクスウェイでは、数年前から試験的にテレワーク(リモートワーク)を導入し、主に育児・介護などの家庭の事情を持つ社員や直行直帰の前後の営業など、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を模索してきました。

弊社にお問い合わせをいただく企業様の中には、FAXシステムをはじめとした、システム環境の整備の問題でテレワーク導入が難しいという企業様もいらっしゃいます。


この記事では、テレワークの概要、またFAXがあってもテレワークをする方法についてご紹介いたします。



>>>テレワークでもFAX受信業務ができる「FNX e-受信FAXサービス」の資料をダウンロードする 



目次[非表示]

  1. 1.1. テレワークとは?
    1. 1.1.①在宅勤務
    2. 1.2.②モバイルワーク
    3. 1.3.③サテライトオフィス勤務
  2. 2.2. コロナ禍や働き方改革など、世の中の関心が高まっているテレワーク
  3. 3.3. 「いつでもどこでもFAX!」でテレワークを実現!
    1. 3.1.- ①受信したFAXをクラウド上に自動で保管!
    2. 3.2.- ②インターネットに繋がるPCさえあれば、OK!
    3. 3.3.- ③紙じゃないとできないことがある?いえいえそんなことはありません!
  4. 4.4. FNX e-受信FAXサービスで「いつでもどこでもFAX!」テレワークを実現


1. テレワークとは?


テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つに分けられるといわれています。



①在宅勤務

自宅にいて、会社とはパソコンとインターネット、電話、ファクスで連絡をとる働き方。

②モバイルワーク

顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方。

③サテライトオフィス勤務

勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方。一社専用で社内LANがつながるスポットオフィス、専用サテライト、数社の共同サテライト、レンタルオフィスなどの施設が利用され、都市企業は郊外にサテライトを、地方企業は都心部にサテライトを置く。 


参考:一般社団法人日本テレワーク協会
https://www.japan-telework.or.jp/intro/tw_about.html




2. コロナ禍や働き方改革など、世の中の関心が高まっているテレワーク

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、テレワークへの対応が求められることが多くなりました。

テレワーク・在宅勤務を推奨することで、電車などの公共交通機関の利用による感染リスクの低減、オフィスに人が集まることによる感染リスクの低減、万が一社内に感染者が発生した場合のBCP対策などにしている企業が増えてきました。


「いつでもどこでもFAX!」でテレワークを実現!



3. 「いつでもどこでもFAX!」でテレワークを実現!


このように、テレワークを実施する企業が増えるなか、システム環境の整備の問題でテレワーク導入が難しいという企業様もまだまだ多いかと思います。

そのなかでも、「FAXで送られて来た注文書、納期回答書などが処理できない」というお声もよくお聞きします。



しかしながら、クラウドFAXサービスを活用することで、いつでも、どこでも、時間や場所にとらわれずに受信したFAXの確認、返信、管理をすることが可能になります。

その名も「FNX e-受信FAXサービス」。

これは、WEBブラウザ上で、受信したFAXがカンタンに閲覧・編集・返信でき、さらに今お使いのFAX番号も変えなくてOKという画期的なサービスです。
WEBブラウザ上ですべての操作が完結するので、外出先でも、自宅でも、サテライトオフィスでも、インターネットに繋がるPCさえあれば、まさに「いつでもどこでもFAX」が実現するのです。


在宅勤務でもFAX処理を実施|FAX業務のテレワーク化の事例はこちら>>>


受信したFAXをクラウド上に自動で保管!

- ①受信したFAXをクラウド上に自動で保管!


FNX e-受信FAXサービスは、今お使いのFAX回線に専用のアダプタを取り付けることで、受信したFAXを自動でイメージデータに変換し、クラウドサーバ上に保管するサービスです。

現在お使いのFAX番号を変えることなく、FAXのクラウド管理を実現できるサービスになりますので、お取引への番号変更連絡などの手間は一切ありません。


- ②インターネットに繋がるPCさえあれば、OK!

一番のポイントは、インターネットに繋がるPCさえあれば、いつでもどこでも受信したFAXを閲覧・編集・返信できることです。

WEBブラウザでの利用になるので、PCへのソフトウェアのインストール等は必要ありません。リモートワークを行う社員全員のPCへのセットアップの手間がかからないこともメリットの一つになると思います。



- ③紙じゃないとできないことがある?いえいえそんなことはありません!

FNX e-受信FAXサービスでは、現在、現場で行われているFAXに関する業務を実現できるように、充実の機能を取り揃えています!

・受信したFAXの自動振り分け
・FAXのフォルダ管理(担当、ステータスなど、お客様ごとに設定可能)
・FAXの受信状況の確認
・受信したFAXの編集
・返信
など、現在、現場で行われている業務が実現できるように、様々な機能を取り揃えています。

そのため、WEB管理に移行したからといって、作業効率が落ちるようなことはありません。逆にお客様からは、「業務効率があがった」というお声をいただいているほどです。



>>FAX受信業務の効率化ができる「e-受信FAXサービス」の導入事例を読む


現場で行われているFAXに関する業務を実現できるように、充実の機能を取り揃えています!



4. FNX e-受信FAXサービスで「いつでもどこでもFAX!」テレワークを実現

いかがでしたでしょうか?

FNX e-受信FAXサービスを活用することで、いつでも、どこでも、時間や場所にとらわれずにFAX業務を行うことが可能になります。

もし、FAXシステムの問題でテレワークを断念、検討を中断されているお客様がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談くださいませ!

在宅勤務でもFAX処理を実施|FAX業務のテレワーク化の事例はこちら>>>


「FNX e-受信FAXサービス」のお問い合わせはこちらから



株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援

FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。

企業間商取引の業務効率化ノウハウ

事務所にいなくても、パソコンでFAXを受信するには?

2021-01-08更新: 2021-07-29

従来は、紙を使用して行うしかなかったFAXの受信ですが、現在はパソコンでも受信・編集・返信などが可能です。こちらでは、パソコンでFAXを受信する代表的な方法をご紹介します。

アナログFAXのお悩みを解決!FAX電子化サービスを選ぶ3つのポイントとは?

2021-07-29更新: 2021-07-29

「アナログなFAX業務を効率化したい」 「テレワークでも会社に届いたFAXを確認したい」 「FAX番号を変えずに電子化したい」 こういったお悩みはありませんか? そこで本記事では、「FAX電子化サービスでアナログFAXの悩みが解決できる理由や、具体的な解決策」をご紹介します。 アナログFAXを効率化するための参考にしてください。

【法人向け】ネットでFAXを送信する方法とは|インターネットFAX・クラウド型FAXサービスの選び方を解説

2021-05-25更新: 2021-05-25

取引先などとのやりとりで、FAXを利用している企業も少なくありません。FAXをインターネット経由で送受信できるインターネットFAX・クラウド型FAXサービスを使えば、業務効率化やペーパーレス化を実現できます。FAXをネットで送る方法について解説します。この記事を読んで、インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのメリットや、選び方などの理解を深めてください。

FAXをパソコンで受信するには?|3つの方法とメリット・デメリットを解説

2021-04-20更新: 2021-04-20

FAXをパソコンで受信する方法をご存知でしょうか? 従来、複合機で受信して紙で出力していたFAXをパソコンで受信することで、FAXがある場所まで移動する手間や、FAXを仕分けし、大量の紙を保管する労力を削減できます。 この記事では、FAXをパソコンで受信する方法を検討している方に向けて、パソコン上でFAXのデータを受信する方法や、おすすめのサービスなどについて解説します。自社にあったサービスを導入するための参考にしてください。

繁忙期こそ要注意!この季節だからこそのFAX配信速度の対策

2018-11-02更新: 2021-04-08

年末年始は取引量が増加し、回線への負担が多くなり、FAX滞留による遅配などトラブルの増す季節でもあるかと思います。今回は、現場から伺った事例より、この季節だからこそのFAX配信における配信速度の対策をご紹介します。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

人気資料ダウンロード
BtoB取引の帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\選定の5つのPOINT付き/
FAX受信サービス 選び方ガイド

クラウドFAXサービス導入を 成功させる6つのポイント!
クラウドFAXサービス導入を
成功させる6つのポイント!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧