パソコンから直接FAXを送受信するには?3つの方法を解説


>>>パソコンからFAXを直接送受信したい方におすすめ<<<
「失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表」のダウンロードはこちら(無料)


パソコンから直接FAXを 送受信するには?


こんにちは。「FNX e-受信FAXサービス」ライターチームです。


社内のペーパーレス化や業務効率化を進めるうえでは、FAXもパソコンから直接送信できる方法に切り替えたほうが効果的です。パソコンから直接FAXを送信する方法はさまざまあります。

この記事では、パソコンから直接FAXを送る具体的な方法を解説します。FAX業務の効率化やペーパーレス化を進めるための参考にしてください。


BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した 20社の事例集無料ダウンロード


失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表ダウンロード


目次[非表示]

  1. 1.パソコンから直接FAXを送受信する方法とは?
  2. 2.パソコンから直接FAXを送受信する方法1:PC-FAX
    1. 2.1.概要
    2. 2.2.必要なもの
    3. 2.3.特徴
  3. 3.パソコンから直接FAXを送受信する方法2:FAXソフト
    1. 3.1.概要
    2. 3.2.必要なもの
    3. 3.3.特徴
  4. 4.パソコンから直接FAXを送受信する方法3:インターネットFAX
    1. 4.1.概要
    2. 4.2.必要なもの
    3. 4.3.特徴
  5. 5.パソコンから直接FAXを送受信する方法の選び方
    1. 5.1.業務効率化ならインターネットFAXがおすすめ
    2. 5.2.電話番号を変えずにPCからFAXを送れる「FNX e-受信FAXサービス」
  6. 6.まとめ


パソコンから直接FAXを送受信する方法とは?

IT技術が発達する一方、環境へ配慮すべきという考え方も広まっており、紙を使用しないペーパーレス化の流れが加速しています。

FAXの場合、従来は送信時も受信時も紙を使用しなければなりませんでした。しかし、現在ではFAXの送受信のいずれについてもペーパーレス化を実現できるようになっています。


パソコンから直接FAXを送る方法は複数あります。具体的には「PC-FAX」「FAXソフト」「インターネットFAX」の3種類です。以下ではそれぞれの方法の概要や特徴について解説するため、自社の状況にあうものを選んで導入しましょう。


>>>パソコンからFAXを直接送受信したい方におすすめ<<<
「失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表」のダウンロードはこちら(無料)

失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表ダウンロード



パソコンから直接FAXを送受信する方法1:PC-FAX

パソコンから直接FAXを送受信する方法としてPC-FAXがあります。ここでは、PC-FAXの概要や特徴を解説します。


概要

PC-FAXは、パソコンと複合機をつなげてFAXを送受信する方法です。

FAXを送信するときは、パソコンから複合機へデータを送ったうえで、固定電話回線を使用して相手へFAXの内容を届けます。また、FAXの受信時も固定電話回線からデータを受け取り、パソコン上でその内容を確認できる仕組みです。


必要なもの

基本的に、従来の紙を使用する方法と同じ設備が必要です。

もともと紙でFAXを利用してきた企業であれば、それまで使っていた複合機や固定電話回線をそのまま利用できます。複合機とは、FAX機能とともにプリンターやスキャナなどの機能もついている機器のことです。ただし、PC-FAXに対応している複合機を選ぶ必要があります。

さらに、FAXでやり取りしている内容をチェックするためのパソコンが必要です。



特徴

PC-FAXにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それぞれについて解説します。


メリット

紙のFAXの送受信のために使用してきた複合機がPC-FAXに対応しているなら、そのまま使用できます。あらたに複合機を用意しなくて済むため、余計な導入コストがかかりません。また、基本的にはPC-FAXの機能を使用するとしても、状況に応じて紙を使ったFAXの送受信も可能です。

今後も紙を使用する可能性があっても問題なく利用できます。


デメリット

PC-FAXの機能がついている複合機が必要であり、新しく導入するとなるとまとまった費用がかかります。そのため、FAXの使用頻度が低い場合は、費用対効果が見込めない可能性があります。

また、複合機に接続するパソコンのOSにも注意が必要です。OSによってはPC-FAXが利用できないケースもあるため、あらかじめ確認しておきましょう。


BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した 20社の事例集無料ダウンロード


パソコンから直接FAXを送受信する方法2:FAXソフト

パソコンから直接FAXを送受信したい場合、FAXソフトを使うのもひとつの方法です。以下で概要や特徴を解説します。


概要

パソコンに専用のFAXソフトを導入し、固定電話回線からFAXを送信します。FAXソフトを使えば、複合機がなくてもパソコンから直接FAXの送受信が可能です。FAXソフトにより、パソコンそのものがFAX機としての役割を果たします。

PC-FAXに対応している複合機がないものの、固定電話回線を使ってFAXを送受信したい場合に向いています。


必要なもの

FAXソフトを使ってパソコンから直接FAXを送受信するためには、FAXソフトに加えて、パソコン、モデム、固定電話回線が必要です。すでに触れたとおり、複合機は必要ありません。

FAXソフトにはさまざまな種類があり、無料のものもあれば有料のものもあります。自動返信や大量送信の機能も活用したいなら、有料のソフトを選びましょう。

また、なかにはモデムを内蔵しているパソコンもあります。その場合は、モデムを改めて用意する必要はありません。


特徴

FAXソフトにも、メリットとデメリットの両方があります。以下では、それぞれについて解説します。


メリット

FAXソフトを使用する方法なら、PC-FAXの機能がついている複合機を使用する場合よりも導入コストが少なく済みます。FAXソフトは無料のものでも十分活用できます。モデムを新しく購入するとしても、かかる費用は数千円です。

有料のソフトを使用すれば、FAXの機能をより充実させられます。自社の使い方にあわせて選べるため、便利です。


デメリット

パソコンの電源を切った状態でFAXを受信すると、データが残りません。FAXソフトを導入した後は、基本的にパソコンの電源を入れっぱなしにしておく必要があります。

また、FAXソフトを使う方法では、インターネット回線ではなく固定電話回線でFAXのデータを送受信します。そのため、固定電話回線の契約が必要です。


BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した 20社の事例集無料ダウンロード



パソコンから直接FAXを送受信する方法3:インターネットFAX

パソコンから直接FAXを送受信する方法のなかでは、インターネットFAXもおすすめです。ここでは、インターネットFAXの概要や特徴を解説します。


>>>パソコンからFAXを直接送受信したい方におすすめ<<<
「失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表」のダウンロードはこちら(無料)



概要

インターネットFAXは、クラウド上でFAXのデータを送受信するサービスです。クラウド型FAXサービス、ネットFAXと呼ばれることもあります。サービスによって、FAXの送受信に固定電話回線を使用するか、インターネット回線を使用するかは異なります。

クラウドサービスからFAXが送信でき、また受信されたデータもクラウドサービスに保管されるため、パソコンからスムーズにFAX送受信が行えます。設定も簡単であり、契約すればすぐにパソコンから直接FAXを送受信できるようになります。


必要なもの

インターネットFAXを利用するためには、パソコンとインターネット回線が必要です。パソコンではなく、タブレットやスマートフォンなどでも利用できるサービスもあります。

ただし、サービスによっては複合機や固定電話回線も必要になるケースもあります。契約するサービスの内容をよく確認したうえで必要なものをそろえましょう。



特徴

インターネットFAXのメリット・デメリットとしては、どのようなことがあるのでしょうか。それぞれについて解説します。


メリット

インターネットFAXは、ほかの方法に比べても導入にかかる費用が安価です。そのため、より簡単にFAXのペーパーレス化を進められます。

また、基本的にパソコンとインターネット回線さえあればFAXを送受信できるため、オフィス以外の場所でも利用可能です。在宅勤務中でも、FAXの送受信ができます。


サービスによっては、自動仕分けや定型文挿入機能などが使えるものがあり、単にパソコンからFAXを確認するだけでなく、FAX業務の効率化を実現できるでしょう。


>>>注文書の処理時間97%削減しFAX業務の効率化を実現した事例はこちらから


デメリット

インターネットFAXでFAXを受信する際に、受信料がかかるサービスもあります。インターネット回線の契約内容によっては、FAXをやり取りすればするほど受信料がかさむ可能性もあるでしょう。

また、インターネットFAXのサービスについて改めて契約を結ぶ必要があるため、手間もかかります。

サービスごとに必要な準備やかかるコストは異なるため、自社の要件を整理した上で、サービス提供企業に相談するといいでしょう。


  【法人向け】ネットでFAXを送信する方法とは|インターネットFAXの選び方を解説 取引先などとのやりとりで、FAXを利用している企業も少なくありません。FAXをインターネット経由で送受信できるインターネットFAX・クラウド型FAXサービスを使えば、業務効率化やペーパーレス化を実現できます。FAXをネットで送る方法について解説します。この記事を読んで、インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのメリットや、選び方などの理解を深めてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表ダウンロード


\20社の事例公開!FAX・帳票業務のコストカットと効率化集/

無料ダウンロードはこちらから



パソコンから直接FAXを送受信する方法の選び方

もともとPC-FAXの機能がついている複合機を使用している企業なら、PC-FAXを選ぶのもひとつの方法です。特に、オフィスにいる社員だけがFAXの内容を確認できればいいなら、PC-FAXでもそれほど不便を感じないでしょう。

ただし、基本的には、インターネットFAXを使ってパソコンから直接FAXを送受信する方法がおすすめです。インターネットFAXは自動仕分けや定型文挿入機能などが使えるものがあり、単にパソコンからFAXを確認するだけでなく、FAX業務の効率化を実現できるからです。


  FAX受注業務は改善できる!アナログなFAX業務を改善するためにすべきこととは FAXは現代もBtoBビジネスで広く利用されています。なかには、「FAXが事務所に届くから出社せざるをえない」とFAXがテレワーク導入の足かせになっている企業もあるでしょう。 この記事では、FAX受注業務をデジタル化し、業務効率を改善する方法について解説します。 FAX業務を効率化したいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



業務効率化ならインターネットFAXがおすすめ

インターネットFAXは自動仕分けや定型文挿入などの機能があり、FAX業務を効率化できます。具体的には以下のような効率化が実現できます。

  • 複合機へ移動せずに、自席のパソコン上でFAXを確認できる
  • 自動仕分け機能を使い、各営業の机に配布する手間がゼロに
  • 手作業でコメントや納期を記載していたのが、パソコンで簡単に入力
  • スタンプ・捺印なども簡単
  • ファイリングの手間もゼロ
  • 保管スペース・倉庫の確保が不要
  • 問い合わせがあった場合は、該当のFAXがパソコン上ですぐに検索

 

  注文書の処理時間97%削減!スピードアップによるサービス品質の向上につながったFAX電子化 発注書などのFAXが年間24,000枚も届き、その仕分けや返信にかかる時間に悩まされていたアイホン株式会社樣。「FNX e-受信FAXサービス」を導入し、FAXの注文書への対応スピードが45分から3分に短縮、約97%削減できたそうです。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ
  月40時間のファイリング時間がゼロに!予期せぬコロナ禍の在宅勤務も支えた ひとつの部門だけで1ヶ月に届く発注書は約1500枚、ファイリングだけで毎月40時間のロスが生じていたYKアクロス株式会社様。『FNX e-受信FAXサービス』の導入で、毎月約40時間が削減でき、さらに予期せぬコロナ禍の在宅勤務もスムーズに。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


>>>パソコンからFAXを直接送受信したい方におすすめ<<<
「失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表」のダウンロードはこちら(無料)



電話番号を変えずにPCからFAXを送れる「FNX e-受信FAXサービス」

非常に便利なインターネットFAXですが、サービスによっては、今使っているFAX番号が変わるものも多いです。サービス提供事業者が発番するFAX番号を使う必要があるためです。

取引先との連絡、受発注業務にFAXを用いている場合、FAX番号変更は大きな手間になります。番号転送サービスもありますが、追加のコストがかかるのもネックでしょう。


  自動FAX受信サービス移行時のFAX番号変更問題 面倒なFAX受注業務に対して非常に有効なソリューションとなる自動FAX受信サービス。一方で、多くの企業が直面しているのが、「今使っているFAX番号が変更されてしまう」という問題です。こちらでは、既存のFAXから自動FAX受信サービスに移行する際の番号変更問題についてお話しします。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


ネクスウェイのFNX e-受信FAXサービスは、今使っているFAX番号を変えずに利用できるインターネットFAXサービスです。パソコンからの簡単操作で、FAXの仕分け・閲覧・検索・編集・送信が簡単にできるサービスです。

自動仕分けや定型文挿入機能など便利な機能も標準搭載しているので、パソコンからFAXを送りたい、業務効率化をしたい、という方におすすめです。


  機能紹介ガイド ダウンロード|FNX e-受信FAXサービス クラウドFAX受信サービス「FNX e-受信FAXサービス」の機能一覧や画面イメージ、便利機能について解説した資料がダウンロードいただけます。どういう機能があるか知りたい方、自社の運用に合うか検討したい方、FAX受信サービスをご検討の方にオススメです。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表ダウンロード



まとめ

パソコンから直接FAXを送受信する方法は主に3種類あり、それぞれ特徴が異なります。選び方は状況にもよりますが、業務効率化を検討しているなら、インターネットFAXがおすすめです。


ネクスウェイのFNX e-受信FAXサービスは、受発注業務に特化しているFAXの送受信サービスです。専用のアダプタを設置すれば、FAX番号を変えずにパソコンからFAXを送受信できます。

FAXの業務効率化・ペーパーレス化のためにぜひ活用してください。


BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した 20社の事例集無料ダウンロード



>>>パソコンからFAXを直接送受信したい方におすすめ
「失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表」のダウンロードはこちらから(無料)


システム選定で失敗しないための!FAX受信サービス選び方ガイド


FAX自動受信サービス「FNX e-受信FAXサービス」の詳細はこちらから


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。
BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した20社の取り組みをご紹介!!事例集無料ダウンロード

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした!
20社の事例集ダウンロード

 

  • FAX受発注業務や請求業務のコストを削減したい
  • FAXの保守管理の手間を削減したい
  • 経理担当者の働き方改革を始めたい

このようなお悩みをお持ちの方におすすめの事例集です。20社がどのように業務改善やコスト削減を実現したのか、ご紹介しています。

ぜひダウンロードしてみてください。

 

フォームに必要事項をご記入いただくと、
無料で
事例集ダウンロードが可能です。
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
 
企業間商取引の業務効率化ノウハウ

企業間商取引のデジタル化・自動化は
ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\3 分でわかる!/
FAX受発注業務のカイゼン ~4つの方法とポイント~

クラウド?オンプレ?大量のFAX配信の 方法を徹底比較!!
クラウド?オンプレ?
大量のFAX配信の方法を徹底比較!!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧