FAXサーバーとクラウドFAXサービス、どちらがお得?


特徴01


企業で発生する発注書などの帳票を、システムから自動的にFAX送信されている会社様は多くいらっしゃいます。

システムからの自動FAXの実現には、
 ①FAXサーバーを自社で保有する
 ②ASPのFAX送信サービスを利用する

の2つの手段があります。

では、実際にどちらの方がメリットがあるのでしょうか?


この記事では、FAXサーバーとクラウドFAXサービスの特徴やメリット、コスト比較についてご紹介します。



>>FAX配信業務の効率化ができるクラウドFAXサービス「FNX e-帳票FAXサービス」の資料をダウンロードする


目次[非表示]

  1. 1.FAXサーバーとは?
  2. 2.クラウドFAXサービスとは?
  3. 3.「高い」と思いがちなクラウドFAXサービス、実際のところは?
  4. 4.オンプレミス型FAXサーバーのコストについて
    1. 4.1.①初期費用
    2. 4.2.②月額費用
  5. 5.クラウドFAXサービスのコストについて
    1. 5.1.①初期費用
    2. 5.2.②月額費用
  6. 6.オンプレミス型FAXサーバーとクラウドFAXサービスのコスト比較
  7. 7.オンプレミス型FAXサーバーとクラウドFAXサービスの機能比較
  8. 8.求める要件に「必要十分に適した投資」の判断を!
  9. 9.まとめ




FAXサーバーとは?

FAXサーバーとは、FAX送受信の機能を要するサーバーのことです。送信したい電子ファイルをPCからFAXとして送信できます。オンプレミス型FAXサービスと呼ばれることもあります。

送受信には、パソコンとモデムとFAXサーバーソフトが必要です。


クラウドFAXサービスとは?

クラウドFAXサービスとは、FAXの送受信をインターネット上で行うことができるサービスです。

わざわざ自社でFAXサーバーを構築しなくても、PCからのFAX送受信やシステムと連携した自動FAXが実現できます。



「高い」と思いがちなクラウドFAXサービス、実際のところは?


クラウド型の各種サービスが普及しはじめた頃は、クラウド移行のメリットの一つとして、オンプレミス型よりもコストが削減できることがよく挙げられていました。

一方で、クラウドの活用方法が多様化してきたなか、「クラウド=コスト削減」とはいえず、むしろ「クラウドは高い」という声も増えているようです。


弊社もFAXサービスをご提案するなかで、

オンプレミス型は、サーバ・その他周辺機器・開発費用など初期費用が高額になるんでしょう?


クラウド型は、初期費用は少ないけど、月額費用がかかり、トータルでオンプレミス型よりも高額になるんでしょう?


といったお声をいただくことが多くあります。

そこで、次項以降でそれぞれの比較についてお伝えいたします。


オンプレミス型FAXサーバーのコストについて

①初期費用

 サーバ、ソフトウェア、モデム、ライセンス費用などが発生します。

メーカーで保守も含めセットになっている場合もありますが、8回線であれば200万円弱程かかります。加えて、開発費用に数十万円、ベンダーへ依頼する場合、上記開発費用とは別にベンダーへ保守費用を支払うケースもあります。

また、この費用が、一般的なサーバーリプレイス時期といわれる、5年毎に発生することになります。


②月額費用

通信費、回線使用料が発生します。通信費は、アナログ電話、ひかり電話に分けられ、アナログ電話は、距離に依存し、ひかり電話は一律の料金になります。キャリアにより、大量値引きの例もあるそうです。

また、利用する回線数に応じて回線使用料が発生します。1回線につき2,000円〜4,000円の費用が発生します。


また、これらの費用はBCP対策等により冗長化を行う場合、より高額になります。 



クラウドFAXサービスのコストについて

①初期費用

 クラウドFAXサービス提供会社へ連携するFAXの原稿データがテキストデータ(CSV)なのか、イメージデータ(PDF、TIFF)であるのかによって変わってきます。

テキストデータである場合、提供会社で帳票レイアウトの作成を依頼する必要があり、1レイアウトに付き数万円〜数十万円の費用がかかります。イメージデータの場合は上記の費用はかかりません。

その他、原稿データの連携部の開発に数十万円かかります。


②月額費用

FAX送信1枚毎に発生する従量料金、基本料金により構成され、その他費用は基本的に発生しません。


オンプレミス型FAXサーバーとクラウドFAXサービスのコスト比較

今までのコストについて試算したのが下の表です。

オンプレミス型FAXサーバーとクラウドFAXサービスのコスト比較

※コスト試算は一例となり、お客様の構成・送信枚数によってはこの通りとはなりません


前提条件にもよりますが、5年間での比較では、オンプレミス型FAXサーバー(BCP対策なし)のほうが、クラウドFAXサービスより300万円ほど安くなるということがわかります。

ただし、この試算は「BCP対策なし」のコストとなり、BCP対策ありのオンプレミス型FAXサーバーの場合、クラウドFAXサービスは200万円ほど安くなるということがわかります。


>初期費用0円!クラウドFAXサービス「FNX e-帳票FAXサービス」の料金プランを見る


BCP対策の有無によってコストに大きな差が出ることがわかりましたが、FAXサーバ・FAXサービスにどの程度のBCP対策を講じればいいのでしょうか?次章で解説します。


オンプレミス型FAXサーバーとクラウドFAXサービスの機能比較

クラウドFAXサービスのメリットとして、配信速度の担保、BCP対策、冗長化、データセンターでの管理、運用の手間が不要などがあげられます。

とは言うものの、FAXサーバーを自社で保有するか、提供会社のFAXサーバ^を利用するかの違いであり、オンプレミス型でも相応の費用を投資すればクラウド型と同等スペックのサーバーを用意することはできます。

そのため、機能面のスペックについては、投資する金額に依存するとも言えます。



求める要件に「必要十分に適した投資」の判断を!

クラウドFAXサービスと同等のスペックオンプレFAXサービスで準備する場合、多額の費用が発生することが多く、自社で求める要件に応じたレベルのシステム投資がポイントになります。

求める要件のレベルにもよりますが、クラウドFAXサービスの方が費用として抑えられる場合が多いといわれ、大量配信される会社にとっては、求めるシステム要件も高くなることから、導入メリットは大きくなると言えます。

また、必要なシステム要件が高くなくとも、クラウドFAXサービスは、複数の利用会社で共用利用となるため、すべての会社に同等の品質を提供することになります。すなわち、特別な費用を支払うことなく、高スペックな機能を利用できるということです。

例えば、自社で冗長構成のFAXサーバーを用意しようとした場合、5年間で約1,584万円のコストがかかりますが、クラウドFAXサービスであれば約1,378万円で導入可能です。同等スペックのサーバーを利用できるにも関わらず、月額3万円、5年間累計では200万円近くのコスト削減につながります。

オンプレミス型FAXサーバーとクラウドFAXサービスの機能比較


昨今の、BCP対策やクラウド型サービスの浸透、運用人材の削減など、以前は要件とならなかった事項も、今後は必要要件となることも考えられます。

高額だと思われがちなクラウド型も、「ただ高額である」のではなく「必要十分に適した投資」と判断できるかもしれません。


また、昨今のFAXを取り巻く環境の変化により、FAXそのものの必要性がずっと続くかは不透明と言えるでしょう。このような状況をうけ、FAXサーバーへ投資するのか、クラウドFAXサービスへの切り替えを検討するのか、検討するのもいいでしょう。

  FAXの必要性は今後どうなる?柔軟に対応するためのFAX送信サービス FAXの必要性について疑問視する声が多く聞かれるようになりました。その一方で、一部の業界ではFAXを廃止できない理由があります。こちらでは、FAXの今後の必要性についてお話しします。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



まとめ

ネクスウェイのクラウドFAXサービス「FNX e-帳票FAXサービス」は、システムから出力される、発注書・納期回答書・支払通知書などのデータをお送りいただくだけで、取引先へ帳票を自動でFAX送信するサービスです。

クラウド型だから、従来のようなFAXサーバの構築や、モデムやFAX回線の保有は必要ありません。また、サービスが保有する大量の回線を利用して帳票FAXをスピード配信いただけます。


900社以上の導入実績がある、経験豊富な弊社にぜひご相談くださいませ。



FAX配信業務の効率化ができる「e-帳票FAXサービス」の導入事例を資料請求する【無料】

​​​​​​​

クラウド?オンプレ? 大量のFAX配信の方法を徹底比較!

「FNX e-帳票FAXサービス」の詳細はこちらから


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援

FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。

企業間商取引の業務効率化ノウハウ

月40時間のファイリング時間がゼロに!在宅勤務にも対応し、“新たな働き方”を実現【YKアクロス株式会社様】

2021-03-05更新: 2021-11-26

ひとつの部門だけで1ヶ月に届く発注書は約1500枚。ファイリングだけで毎月40時間のロスが生じていた。YKアクロス株式会社様がFAX受信における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。

アナログFAXのお悩みを解決!FAX電子化サービスを選ぶ3つのポイントとは?

2021-07-29更新: 2021-11-15

「アナログなFAX業務を効率化したい」 「テレワークでも会社に届いたFAXを確認したい」 「FAX番号を変えずに電子化したい」 こういったお悩みはありませんか? そこで本記事では、「FAX電子化サービスでアナログFAXの悩みが解決できる理由や、具体的な解決策」をご紹介します。 アナログFAXを効率化するための参考にしてください。

3ヶ月で25,000枚の紙を削減。FAX受注の処理が劇的に変化【株式会社オーリック様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

1日に100枚弱も届くFAXを複合機へ取りに行くのに余計な時間がかかっていた。こうした課題を解決するために、ネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入。発注書の仕分けも画面上で簡単に操作できるため、1日あたり約20分の時間削減につなげている。また、発注書がすべてデータ管理になり、保管場所を用意する必要がなくなった。また、3ヶ月で25,000枚分ものペーパーレスにつながった。

FAX受発注業務の劇的な業務改善とともに顧客満足度の向上も実現【因幡電機産業株式会社電材西日本事業部様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

営業担当者1人当たり1日100枚弱のFAXが届き 仕分けや処理に多大な手間がかかっていた。こうした課題を解決するために、同社はネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入、営業担当者と事務スタッフの業務を大幅に改善し、顧客満足度の向上までを実現した。

FAXが原因でテレワークができないと思ってはいませんか?

2021-04-08更新: 2021-10-08

コロナ禍や働き方改革など、世の中の関心が高まっているテレワーク。「いつでもどこでもFAX!」でテレワークを実現しませんか?クラウドFAXサービスを活用することで、いつでも、どこでも、時間や場所にとらわれずに受信したFAXの確認、返信、管理をすることが可能になります。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

人気資料ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\選定の5つのPOINT付き/
FAX受信サービス 選び方ガイド

クラウドFAXサービス導入を 成功させる6つのポイント!
クラウドFAXサービス導入を
成功させる6つのポイント!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧