PC-FAX(ダイレクトファックス)とは?業務効率化におすすめの方法もご紹介

PC-FAX(ダイレクトファックス)とは?業務効率化におすすめの方法もご紹介


こんにちは。「FNX e-受信FAXサービス」ライターチームです。


FAXを発注書や見積もり回答などの商取引に使っている場合、「FAX機まで取りに行く」「手書きでコメント追記」「手送りで返信する」などのFAX業務を効率化できないかと考える機会もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、FAX文書を手元のパソコンでやりとりできる「PC-FAX(ダイレクトファックス)」についてご紹介します。

PC-FAXを使うメリットやPC-FAX以外で紙出力が不要となる方法など、これからのFAXにおすすめしたいポイントを解説。業務効率化やペーパーレス化をご検討中であれば、ぜひご参考にしてください。


>>>パソコンでFAXを送受信できる「FNX e-受信FAXサービス」の資料をダウンロード【無料】


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表ダウンロード


目次[非表示]

  1. 1.PC-FAX(ダイレクトファックス)とは
  2. 2.PC-FAX(ダイレクトファックス)のメリット
    1. 2.1.印刷する手間が削減できる
    2. 2.2.FAX文書の内容修正が簡単になる
    3. 2.3.コピー用紙・トナーが削減できる
    4. 2.4.文書の解像度が向上する
  3. 3.PC-FAXに注意点はある?
    1. 3.1.①使用できる複合機が限られる点
    2. 3.2.②パソコンのOSによっては利用できない点
  4. 4.PC-FAX(ダイレクトファックス)以外でPCからFAXを送る方法は?
    1. 4.1.方法①FAXソフト
    2. 4.2.方法②クラウドFAX(インターネットFAX)
  5. 5.業務効率化ならクラウドFAXがおすすめ
  6. 6.まとめ


PC-FAX(ダイレクトファックス)とは

ダイレクトファックスとも呼ばれるPC-FAXは、FAX機能を持つ複合機をパソコンに接続し、FAXの送受信を行う方法を指します。

FAX文書の送信時には、パソコン内部の文書データをいったん複合機へ転送します。複合機側では固定電話の回線経由で、データをFAX文書として宛先に送信します。FAXを受信する場合は、相手先から送信されたFAXをいったん複合機が受け取ります。それがパソコンへと転送され、パソコンのモニターで文書の確認が可能となります。

送信にも受信にもパソコンのデータを使用できるため、FAX文書を紙に印刷するかどうかはその都度ご自身で決めることができます。


  パソコンから直接FAXを送受信するには?3つの方法を解説 社内のペーパーレス化や業務効率化を進めるうえでは、FAXもパソコンから直接送信できる方法に切り替えたほうが効果的です。パソコンから直接FAXを送信する方法はさまざまあります。 この記事では、パソコンから直接FAXを送る具体的な方法を解説します。FAX業務の効率化やペーパーレス化を進めるための参考にしてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


PC-FAXは、パソコン経由で内容の確認や送受信を行えます。しかし、紙を使う従来のFAXと同様に、固定電話回線やFAX複合機などの設備は必要となります。紙でのFAXを長年利用しているなら、今ある複合機や電話回線があればパソコンを用意することですぐ始められます。

ただし、複合機がPC-FAXに対応している機種であることが必須条件となります。


パソコンさえあればすぐにPC-FAXが始められると思いきや、自社の複合機がPC-FAXに非対応の場合は複合機の買い替えが必要となるなど、注意点もあります。


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


PC-FAX(ダイレクトファックス)のメリット

PC-FAXを利用する主なメリットには、以下のような点があります。

印刷する手間が削減できる

その都度受信したFAXを印刷する必要がなくなり、ワンクリックで確認できるため出力の手間を減らすことができます。また、印刷に要していたFAX用紙やインク・トナーにかかるコストの削減も可能です。また送信する際も、紙に直接文字を書いたり、パソコンのデータをわざわざ印刷して送ったりする必要がなくなります。


FAX文書の内容修正が簡単になる

紙出力せず、FAX文書をデータとして取り扱えるため、送信前の原稿を修正することも容易になります。


コピー用紙・トナーが削減できる

紙出力が減ることでペーパーレス化を実現でき、FAX用紙やインク・トナーの使用量も減るためコストカットが可能です。また、受信した紙のFAXを大量に保管する手間やスペースも省くことができ、結果として業務効率化にもつながります。


文書の解像度が向上する

パソコンから直接データを送信するため、相手先にも読みやすくきれいな文字でFAXを送れます。


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


PC-FAXに注意点はある?

PC-FAXを利用する数多くのメリットをご紹介しましたが、注意すべき点についても簡単に見ていきます。PC-FAXを導入・運用する際には、主に以下の点に注意しましょう。


①使用できる複合機が限られる点

使用する複合機ですが、PC-FAXの機能が付属している、PC-FAX対応機種でなければなりません。現在使用中の複合機がPC-FAX非対応の場合は、新しく導入する必要があります。複合機の買い替えには費用がかかるため、FAXをあまり使用しない企業の場合はコスト面でのハードルが高くなりがちです。


②パソコンのOSによっては利用できない点

PC-FAXに使用するパソコンのOSを、必ず確認しましょう。OSの種類によってはパソコンがPC-FAX機能に対応しておらず、そもそも利用できない可能性もあるためです。



BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集



PC-FAX(ダイレクトファックス)以外でPCからFAXを送る方法は?

PC-FAXは長年紙で運用してきたFAXを手軽にデータ化できるため、業務効率化にも有用です。しかし先に述べたように、複合機やパソコンの買い替えが必要となるケースも予測でき、それに当てはまる場合は導入が現実的ではなくなってしまいます。

そこで、ここではパソコンでFAXを利用できる、PC-FAX以外の方法の有無にも目を向けてみましょう。PC-FAX以外で、FAXをパソコンで利用できる主な方法には以下の2つがあります。


失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表ダウンロード


方法①FAXソフト

パソコンを使ってFAXの送受信を行うためには、「FAXソフト」を利用する方法もあります。

まず、現在使用中のパソコンに専用のFAXソフトをインストールします。FAXソフトがあれば、パソコン内の文書データを電話回線経由でFAXとして送信することが可能です。PC-FAX対応の複合機がない場合は、FAXソフトを利用する方法も選択肢になるでしょう。FAXソフトを導入することで、パソコン自体がFAXとして利用できると考えると分かりやすいと思います。

電話回線でFAXを利用したいものの、PC-FAX対応の複合機をお持ちでないといった場合に有用な方法です。利用開始に際してはFAXソフトとパソコンの他、固定電話の回線、パソコンに電話回線をつなぐためのモデムが必要です。ただしモデムを内蔵しているパソコンを選べば、単品のモデムを新たに準備する必要はありません。

FAXソフトには無料ソフトと有料ソフトがありますが、業務用のFAXとして利用するのであれば有料ソフトを選ぶことが無難でしょう。


FAXソフトを使用する方法には、特にPC-FAX非対応の複合機を使用中の場合、新規導入にかかる費用を抑えられるメリットがあります。

その一方でデメリットもあり、FAXを常時送受信したい場合は、FAXソフトの入ったパソコンは電源を落とすことができません。電源が切れた状態では、FAXの受信を行えなくなるためです。またFAXソフトではインターネット回線での送受信ができないため、必ず固定電話回線を契約していなければなりません。

また、FAXソフトを利用するすべてのパソコンにFAXソフトをインストールする必要があり、情報システム部門にとっては負担になるでしょう。

  【比較】FAXソフトとは?従来FAXとの比較やFAX自動送信におすすめの方法も紹介 FAXソフトを導入すると、これまでFAX機や複合機から行っていたFAX送信を、自分のパソコン上からFAX送信が可能になります。この記事では、FAXソフトの特徴やメリット・デメリット、他の方法との違いをご紹介します。さらに、FAXの自動送信におすすめな方法も紹介しますので、複数の送り先への一括送信やFAX送信業務の効率化を検討の方はぜひご覧ください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



方法②クラウドFAX(インターネットFAX)

FAXソフトは各端末へのインストールが必要ですが、インストール不要でFAXを送受信できる方法もあります。それがクラウドFAX(インターネットFAX)です。


クラウドFAXとは、WEB上でFAXのデータを送受信できるサービスです。

専用のクラウドサービスを利用してFAXの送受信が可能で、FAXデータはクラウドサービス内に格納されます。パソコンとインターネット回線があれば、いつどこにいてもFAXの送受信を行える利点があります。

クラウドFAXの導入に必要なものは、基本的にはパソコンとインターネット回線のみです。また、タブレットやスマートフォンに対応したサービスも選ぶことができます。ただし、サービスによって複合機や電話回線が必要な場合もあるため注意が必要です。


クラウドFAXは、パソコンへのインストール不要で利用できる点が大きなメリットです。急いでペーパーレス化したい場合も、ユーザーID追加でスピーディに対応することができます。また先に述べたように、パソコンがありインターネットに接続できればFAXが使えるため、在宅勤務やテレワークに従事していてもFAXが使えます。

ただし、サービスによっては送受信に従量課金が発生する場合があり注意が必要です。

 

  インターネットFAXとは?一般的なFAXとの違いや利用方法、導入のメリットなど解説 インターネットの普及が進み、ツールも多様化するにつれて、ビジネスのスタイルもさまざまな面で変化してきました。 この記事では、インターネットFAXの概要や仕組み、メリットから、料金や利用方法、一般的なFAXとの違いまで解説していますので、ぜひ検討の参考にしてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


業務効率化ならクラウドFAXがおすすめ

PC-FAXは便利ですが、その機能を備えた複合機と電話回線が必要です。また、FAX担当の従業員が固定のオフィスに常駐していることも求められます。

しかし近年は社会情勢の変化や働き方改革の推進などで、テレワークを取り入れている企業も増えています。それらを考慮すると、これからはクラウドFAXがおすすめと言えるでしょう。

クラウドFAXはインストール不要で導入できるだけでなく、文書作成や送受信に活用できる機能も多彩で便利です。ペーパーレス化に加えて、FAX業務自体の大幅な効率化も期待できるでしょう。クラウドFAXで可能な業務効率化には、以下のようなものがあります。


  • 各担当者がいつどこにいても自身の業務用パソコンでFAXが送受信できる
  • 追記や修正が発生してもパソコン入力ができて簡単
  • 電子印が使えるため捺印の手間を省ける
  • 自動仕分け機能があれば書類配布の手作業が不要
  • 検索機能で必要なデータをすぐに探せる
  • ファイリングや保管の手間を減らせ、管理スペースも削減 など

FNX e-受信FAXサービス


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


まとめ

これからFAXのペーパーレス化を実現する方法としては、クラウドFAXがもっとも便利と言えます。しかし、クラウドFAXサービスも多数あるため、自社に合うものを選定することが大切です。

たとえば、サービスによっては導入時にFAX番号の変更が必要なものもあります。受発注業務など、重要かつ日常的な通信手段としてFAXを用いている場合、FAX番号を簡単に変えられないケースも多いでしょう。

***

ネクスウェイの「FNX e-受信FAXサービス」 は、今お使いのFAX番号でそのままFAXのデジタル化が可能なクラウドFAXです。定型文機能や自動仕分け機能を備えるなど利便性にも配慮されており、業務効率化やテレワーク導入などの働き方改革にもスムーズに対応できます。

受発注業務にFAXが欠かせないという場合は、ぜひお気軽にご相談ください。


>>>今お使いのFAX番号がそのまま使える「FNX e-受信FAXサービス」の資料をダウンロード



FAX自動受信サービス「FNX e-受信FAXサービス」の詳細はこちらから


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。
BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した20社の取り組みをご紹介!!事例集無料ダウンロード

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした!
20社の事例集ダウンロード

 

  • FAX受発注業務や請求業務のコストを削減したい
  • FAXの保守管理の手間を削減したい
  • 経理担当者の働き方改革を始めたい

このようなお悩みをお持ちの方におすすめの事例集です。20社がどのように業務改善やコスト削減を実現したのか、ご紹介しています。

ぜひダウンロードしてみてください。

 

フォームに必要事項をご記入いただくと、
無料で
事例集ダウンロードが可能です。
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
 
企業間商取引の業務効率化ノウハウ

企業間商取引のデジタル化・自動化は
ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\3 分でわかる!/
FAX受発注業務のカイゼン ~4つの方法とポイント~

クラウド?オンプレ?大量のFAX配信の 方法を徹底比較!!
クラウド?オンプレ?
大量のFAX配信の方法を徹底比較!!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧