自動FAX送信ソフト・FAX自動配信システム導入のススメ


自動FAX送信ソフトを導入すると、これまで手作業で行っていたFAX送信の手間や時間の節約になります。また、オンプレFAXサーバを利用していた場合は、サーバ保守やリプレイス工数の削減にもなります。


複数の送り先への一括送信も簡単。業務負荷改善につながるでしょう。また、より高性能なFAX自動配信システムを導入すれば、FAX送信業務をより効率化できます。


>>FAX配信業務の効率化ができるクラウドFAX「FNX e-帳票FAXサービス」の話を聞いてみる



目次[非表示]

  1. 1.1. 自動FAX送信ソフトとは?
    1. 1.1.- ほかのFAX送信手法との違い
  2. 2.2. 自動FAX送信ソフトの使い方
    1. 2.1.- ①PCを使ったFAX送信機能があるかを確認する
    2. 2.2.- ②FAXとパソコンを接続する
    3. 2.3.- ③自動FAX送信ソフトをパソコンにインストールする
    4. 2.4.- ④自動FAX送信ソフトを使って送信する
    5. 2.5.- ⑤FAXモデムを使う方法も検討
  3. 3.3. より便利なFAX自動配信システム
    1. 3.1.- メリット①スピーディーなFAXの自動送信
    2. 3.2.- メリット②確実な送信で不着を防止
    3. 3.3.- メリット③トラブルの原因究明が簡単
  4. 4.4. まとめ


1. 自動FAX送信ソフトとは?

パソコンからのデータを電話回線に流し、FAXを送信できる仕組みを「パソコンFAX」と呼びます。この操作の一部を自動化し、作業効率化を図れるのが「自動FAX送信ソフト」です。


たとえば、大量の帳票を送信しなくてはならない場合。一件一件を手作業で送信していては、多くの時間が無駄になってしまいます。自動FAX送信ソフトを用いれば、これらが一度の作業で完了します。従来のように、原稿をFAXにセットし、FAX番号をダイヤルする、といった手間がないため、大きな作業効率改善につながるでしょう。




- ほかのFAX送信手法との違い

通常のFAXとの違いは、紙と手間のコストです。通常のFAXは、送信する原稿を紙で用意しなくてはなりません。紙代はもちろん、その紙を使った操作の手間は大きなコスト。一度に送信できる件数も少ないため、時間もかかります。


次にオンプレFAXサーバとの比較です。オンプレFAXサーバの場合、自社でFAXサーバを用意する必要があります。もし障害やFAXが届かないなどの問題が発生した場合には自社で原因の追求や復旧作業を行う必要があります。




2. 自動FAX送信ソフトの使い方

次に、自動FAX送信ソフトの使い方についてご紹介します。ここではFAXとパソコンを使った方法を解説します。



- ①PCを使ったFAX送信機能があるかを確認する

まずはお手持ちのFAX機器に、パソコン等を使ってFAXを送信できる機能があるかを確認しましょう。もしもこうした機能がないのなら、今回の方法は使えません。



- ②FAXとパソコンを接続する

FAXとパソコンを、LANやUSBでつなぎます。複合機の場合は、普段からプリンタやスキャナとして使用しているのなら、すでに接続が完了しているケースがほとんどです。



- ③自動FAX送信ソフトをパソコンにインストールする

自動FAX送信ソフトをパソコンにインストールしてください。なお、パソコン付属のFAX送信ソフトを使う方法もあります。



- ④自動FAX送信ソフトを使って送信する

パソコンで自動FAX送信ソフトを立ち上げます。その後、原稿などのデータを送信します。オプションで、一括送信や予約送信などができるソフトもあります。



- ⑤FAXモデムを使う方法も検討

自動FAX送信ソフトのなかには、パソコンと電話線をFAXモデムに介して接続し、使用するものもあります。この場合、FAX機器。自動FAX送信ソフトのみでFAXの送受信が可能です。


ただし、受信のためにパソコンの電源を常時つけておかなくてはならないなども制約も。FAX用のサーバを用意できる場合などにおすすめです。




3. より便利なFAX自動配信システム



組織でFAXをより効率的に運用したいのであれば、FAX自動配信システムも検討してみましょう。FAX自動配信システムは、発注書や納期回答書など、大量の帳票をFAXで自動送信するのに優れたシステムです。従来のオンプレミス型だけでなく、近年はクラウド型も多く登場しています。


自社の基幹システムと連携すれば、自動FAX送信ソフトよりも利便性が高まり、かつ多機能が使えるようになります。以下から、主なメリットをご紹介します。




- メリット①スピーディーなFAXの自動送信

大量の帳票を、FAXを使って手作業で送信しようとすれば、スタッフに大きな労力と時間がかかります。また、回線の送信能力が問題になることも少なくありません。その結果、FAX送信という単純作業に何時間もかかってしまうのは、非生産的と言えるでしょう。


自動FAX送信ソフトであれば、一度のクリックで送信が完了。スピーディーに相手へとFAXが送信できます。とくにFAX回線を並行的に利用できるサービスであれば、より低遅延なFAX送信が実現できます。




- メリット②確実な送信で不着を防止

たとえば回線の種類(デジタルとアナログ)や通信キャリアなどを相手の環境に合わせて切り替えることで、より確実な送信を実現する機能を持ったFAX自動配信システムもあります。エラーなどがあった場合はその情報を記録し、次回の配信から別の方法を使用するなどの対応をしてくれるところも。高性能なFAX自動配信システムを使うことで、不着割合を減らせるのは大きなメリットと言えるでしょう。




- メリット③トラブルの原因究明が簡単

FAXを予約送信したものの、エラーによって不着になってしまう可能性はゼロではありません。しかし、その原因が何かを突き止めることは、一般的なFAX機器だと困難です。


一方、FAX自動配信システムには、配信結果がログとして記録されています。そして配信が失敗した場合、なぜエラーが起きたのかの理由も記載されます。


FAX配信業務の効率化ができる「e-帳票FAXサービス」の 導入事例を資料請求する【無料】




4. まとめ

自動FAX送信ソフトやFAX自動配信システムを導入することは、普段の作業効率化に大きく寄与します。業務でFAXを使っているという方は、ぜひ導入をご検討ください。


 



帳票配信サービス「FNX e-帳票FAXサービス」の詳細はこちらから


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援

FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。

企業間商取引の業務効率化ノウハウ

月40時間のファイリング時間がゼロに!在宅勤務にも対応し、“新たな働き方”を実現【YKアクロス株式会社様】

2021-03-05更新: 2021-11-26

ひとつの部門だけで1ヶ月に届く発注書は約1500枚。ファイリングだけで毎月40時間のロスが生じていた。YKアクロス株式会社様がFAX受信における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。

アナログFAXのお悩みを解決!FAX電子化サービスを選ぶ3つのポイントとは?

2021-07-29更新: 2021-11-15

「アナログなFAX業務を効率化したい」 「テレワークでも会社に届いたFAXを確認したい」 「FAX番号を変えずに電子化したい」 こういったお悩みはありませんか? そこで本記事では、「FAX電子化サービスでアナログFAXの悩みが解決できる理由や、具体的な解決策」をご紹介します。 アナログFAXを効率化するための参考にしてください。

3ヶ月で25,000枚の紙を削減。FAX受注の処理が劇的に変化【株式会社オーリック様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

1日に100枚弱も届くFAXを複合機へ取りに行くのに余計な時間がかかっていた。こうした課題を解決するために、ネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入。発注書の仕分けも画面上で簡単に操作できるため、1日あたり約20分の時間削減につなげている。また、発注書がすべてデータ管理になり、保管場所を用意する必要がなくなった。また、3ヶ月で25,000枚分ものペーパーレスにつながった。

FAX受発注業務の劇的な業務改善とともに顧客満足度の向上も実現【因幡電機産業株式会社電材西日本事業部様】

2021-03-05更新: 2021-11-04

営業担当者1人当たり1日100枚弱のFAXが届き 仕分けや処理に多大な手間がかかっていた。こうした課題を解決するために、同社はネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』を導入、営業担当者と事務スタッフの業務を大幅に改善し、顧客満足度の向上までを実現した。

FAXが原因でテレワークができないと思ってはいませんか?

2021-04-08更新: 2021-10-08

コロナ禍や働き方改革など、世の中の関心が高まっているテレワーク。「いつでもどこでもFAX!」でテレワークを実現しませんか?クラウドFAXサービスを活用することで、いつでも、どこでも、時間や場所にとらわれずに受信したFAXの確認、返信、管理をすることが可能になります。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

人気資料ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\選定の5つのPOINT付き/
FAX受信サービス 選び方ガイド

クラウドFAXサービス導入を 成功させる6つのポイント!
クラウドFAXサービス導入を
成功させる6つのポイント!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧