脱FAXの第一歩はクラウドFAXから!業務効率化を実現するには?

脱FAXの第一歩はクラウドFAXから!業務効率化を実現するには?


こんにちは。「FNX e-受信FAXサービス」ライターチームです。


FAXは、国内のビジネスで長年使われ続けてきた重要な通信手段の1つと言えます。しかし、業務のIT化・デジタル化が進むにあたり、電話回線と紙出力というアナログ環境に依存するFAX業務そのものを見直す動きがあることも事実です。

この記事では、近年国内で起こっている「脱FAX」の流れに際しての状況をご紹介し、脱FAXの難しさや、通信手段の見直しを段階的に図れる効率的な方法などを解説します。

脱FAXを考えているものの、ビジネス環境のデジタル化を一足飛びに行うことは難しいとお悩みの方は、ぜひご参考にしてください。


>>>FAX業務のデジタル化ができる「FNX e-受信FAXサービス」の資料をダウンロード【無料】


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集



目次[非表示]

  1. 1.霞が関でのFAX廃止を断念
  2. 2.脱FAXができない理由
    1. 2.1.慣例的にFAXを使い続けている
    2. 2.2.取引先の要望がある
    3. 2.3.業務効率化に対して積極的になり切れていない
  3. 3.FAXを使い続けるデメリット
    1. 3.1.デメリット1. 業務効率化が図れない
    2. 3.2.デメリット2.コストがかかる
    3. 3.3.デメリット3.テレワークへの対応が困難
  4. 4.すぐに脱FAXできないならクラウドFAXがおすすめ
    1. 4.1.クラウドFAXとはどんなサービス?
    2. 4.2.クラウドFAXでできる業務効率化とは?
  5. 5.まとめ


霞が関でのFAX廃止を断念

脱FAXという言葉から連想することとして、コロナ禍が深刻化した2021年における政府の対応が浮かぶ方は多いと思います。これは当時の河野太郎行政改革担当大臣が、2021年6月末日をもって各省庁のFAX使用を原則廃止すると宣言したものです。

FAX廃止後は、代わる連絡手段として電子メールへ全面的に切り替えを行うという構想でした。しかし、霞が関の省庁ほぼ全体から反対意見が殺到した結果、FAX廃止自体を事実上断念することとなってしまいました。


当初FAX廃止を提案した理由として、テレワークの推進を阻害する大きな障壁の1つがFAXであることが説明されていました。コロナ禍が収束しないなかでテレワークがここまで一般化していても、省庁職員がFAX通信のため毎日登庁していることが矛盾であるという指摘も兼ねたものです。

反対意見が大きかったことで、結果的にFAX廃止は見送られました。反対理由の主なものとしては、「電子メールへの急な移行ではセキュリティ面の不安が解消できない」という意見があったとのことです。



この騒動を経て、現在も霞が関でのFAX使用は続いています。しかし数十年日本のビジネスで使われてきたFAXのあり方について、多くの国民が改めて考える機会を得たのではないかと思います。

次の項目からは、業務上で脱FAXを進められない理由には、どのようなものがあるかをご紹介します。


  FAXの廃止が難しい理由とは?使い続けるデメリットや廃止方法・業務効率化のコツを紹介 脱ハンコ、脱FAXの流れが進むなか、FAXを廃止したいという企業も多いです。一方で、廃止が難しいという企業もあります。FAXを廃止できない理由やFAXを使い続けるデメリット、FAXを廃止する具体的な方法、業務効率をアップさせるコツを解説します。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


脱FAXができない理由

「世界でも、FAXがまだ主要なビジネスツールとしてここまで重宝されているのは日本だけ」と、耳にしたことのある方もいるでしょう。わが国のビジネスにおいて、FAXを使い続けている現場が今なお多いことには、どのような背景があるのでしょうか。


慣例的にFAXを使い続けている

まずは、長年使い続けてきて慣れているからFAXをやめられないという単純な理由が挙げられます。「何かあればFAXで連絡」「注文やそれに対する返信はFAXで」という作業がある意味ルーティン化しており、いまさら別の手段に移すことをなかなか現実的には考えられないというものです。

また、通信手段をFAXから別のものに切り替えるには、日々の業務自体を全面的に見直すことも要求されます。新しい業務システムへの入れ替えが必要になったり、従業員へ変更に関する周知徹底や教育活動を実施しなければならなくなったりもするでしょう。相応のコストがかかることに加え、基幹業務に支障をきたしてまで変更作業に手間や時間を割く余裕がないという現実も想定できます。


これらの現状に鑑みて設けられた「中小企業共通EDI」という共通フォーマットによる電子データ取引の仕組みもあり、各企業での導入が可能です。しかしこちらも業務環境がデジタル化されていることが前提となっており、メリットを活かすには自社と取引企業とが一斉に導入する必要性があります。このため、本格的な普及はまだ進んでいない状況と言えます。

また、せっかくEDIを導入しても、一部取引先でFAXを継続利用している都合上FAXが廃止できない企業も少なくありません。


またFAXは、操作自体が非常に簡単です。原稿を書いて機器にセットし、電話番号を入力して送信ボタンを押せば送れますし、受信も自動で行えます。ビジネスの現場にはIT機器に不慣れな方や、現業に従事するなどで通常業務がデジタル環境と無縁の方もいますが、彼らもFAXは手軽に使えるでしょう。


  FAXは日本だけ?ビジネスシーンでFAXがなぜなくならないのか 日本の官公庁・企業では未だにFAX文化が残っています。最近では、FAX誤送信による個人情報流出の問題などもあったなか、なぜFAXが使い続けられるのでしょうか?ここでは国内外のFAXの使用状況や、ビジネスシーンでFAXが使い続けられる理由、FAX業務を改善するポイントなどについて解説します。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


取引先の要望がある

FAXのメリットとして、セキュリティ面における安全性の高さがあります。

受信したその場で盗み見されない限り情報が漏れる心配はなく、着信音と共に自動受信されるためすぐに受け取れます。この安心感と利便性があるお陰で、FAXを手放せないという企業も少なくありません。そのため、自社で脱FAXの意向があったとしても、取引先や受注元がFAXを使い続ける以上は、FAXを廃止できない事情が生じる場合もあります。

もし一方的にFAXを廃止してしまうと、取引において失注の恐れがありますし、取引先や顧客の信頼が得られなくなってしまうことも考えられるでしょう。


業務効率化に対して積極的になり切れていない

電子メールをはじめ、チャットやWEB会議機能を備えたグループウェア、先にご紹介したEDIなど、ビジネスコミュニケーションを効率化するためのツールは複数あります。それらが選べる状況であっても、なんとなくFAXを使い続けたほうが効率的だと考えてしまっているケースもあるでしょう。また、業務効率化に役立つツールの存在をそもそも知らないということも考えられます。

上記のようなサービスを取り入れるだけで、大幅に日常の業務負担や無駄なコストを減らせる場合もあります。初めに導入できる範囲や企業への適性は要検討ですが、もしまったく知らなかったという場合は、それらを調べて導入を一考してみる価値もあるのではないでしょうか。


FAX業務をクラウド化し、ペーパーレス化を実現できるインターネットFAXサービスもあるため、FAX業務の効率化やコストカットを考えている場合は特におすすめです。



  FAXの必要性は今後どうなる?柔軟に対応するためのFAX送信サービス FAXの必要性について疑問視する声が多く聞かれるようになりました。その一方で、一部の業界ではFAXを廃止できない理由があります。こちらでは、FAXの今後の必要性についてお話しします。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


FAXを使い続けるデメリット

FAXには、難しい使い方を覚える必要がなくセキュリティ性も比較的高いというメリットがあるとご説明しました。ここでは、今後FAXを使い続けることで生じるデメリットについてもご紹介します。


デメリット1. 業務効率化が図れない

FAXを受信すれば、その分だけ出力される用紙の枚数が増えます。重要な書類は保管を要しますし、不要なものは廃棄しなければなりません。重要書類の管理や保管には相応の手間やコストがかかりますし、ファイリング作業の業務負担も数が増えるほど大きくなります。書類も多くなれば保管スペースが必要となり、そのコストや手間も無視できません。

また、業務の一部をデジタル化している場合は、FAXで送られた書類の内容をシステムにデータ入力する作業も必要となります。しかし、手入力作業では業務負担が大きくなるだけでなく、入力間違いなどの人為ミスを招くリスクもあります。特に重要書類に関するミスが発生してしまうと、企業の信用にかかわる問題へと発展する恐れもあるでしょう。

このほか、FAXは電話番号を都度入力して送信するため、送信時にダイヤルやワンタッチキーを押し間違えてしまうと誤送信のリスクがあります。比較的セキュリティ性が高いと言われるFAXですが、ひとたび誤送信が発生すると深刻な情報漏えい事案を招いてしまう可能性もあるのです。




デメリット2.コストがかかる

FAXの使用を続けている限り、FAX用紙や印字用のインク・トナーなど消耗品が必要です。その調達コストが継続的にかかってくるほか、FAXや複合機のメンテナンスにも定期的に費用がかかります。

また、機器のトラブルや老朽化によって、修理や買い替えの必要性が出てくれば想定外の出費を強いられてしまいます。また、固定電話回線でFAX通信を行うと都度通信料が従量課金され、その料金も比較的割高になりますので、送受信の回数が多ければ通信費負担も大きくなります。


デメリット3.テレワークへの対応が困難

紙の書類を送受信するFAXを利用している限り、宛先番号が割り当てられた複合機でそれを受け取らなければなりません。FAX担当者がオフィスに常駐する必要性が生じるため、その従業員はFAX業務を担当し続ける以上テレワークに移行できないということになります。

最近では感染症対策や災害対応、また働き方改革の一環などでテレワークを積極的に取り入れている企業も増加しています。しかし紙のFAXに依存したままだと、テレワークに従事する社員がFAXの送受信や確認のためだけに出社するという矛盾した状況を招くことが考えられます。

また、FAXが廃止できないことで業務効率化や働き方改革、また昨今の社会情勢や防災への対応を適切に行えなくなる可能性もあるでしょう。

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


すぐに脱FAXできないならクラウドFAXがおすすめ

「自社でも脱FAXをしよう」と思い立って、すぐ全社的にFAXを廃止できるならそれほど簡単な話はありません。しかし、現状FAXを運用しているほとんどの企業では、そうはいっていないのが現状です。

脱FAXを阻むもっとも大きな理由として、取引先との重要な連絡がまだ紙のFAXで行われていることを挙げる企業は多いでしょう。特に、受発注などビジネスの根幹にあたる業務連絡にFAXが今も使われているケースは少なくないと思います。

先に、ビジネスの効率化に役立つさまざまなITツールがあることをご紹介しました。そのなかでも、基幹業務に支障をきたさず早期に導入できるものが「クラウドFAX(インターネットFAX)」です。


失敗しないFAXの電子化!選び方のポイント&比較表ダウンロード


クラウドFAXとはどんなサービス?

クラウドFAXとは、これまで複合機とFAX用紙で行ってきたFAXの送受信が、インターネット上で可能になるサービスです。送信も受信もWEBブラウザや専用アプリケーションで行えますが、複合機の併用もできるため、必要であればその都度紙出力を選ぶこともできます。

「相手先が紙のFAXを使っているけれど、自社だけデジタル化して大丈夫?」とのご心配もあるかと思います。しかし、クラウドFAXで実現できるのはあくまで自社内のデジタル化にとどまります。相手先が送信した紙のFAX文書も自社ではパソコンで受け取れますし、逆に自社のパソコンから送ったFAX文書を、相手先は紙のFAXで受け取ることができるのです。


  クラウドFAXとは?5つのメリットや比較のポイントを紹介 サービスのクラウド化が進むなか、FAXサービスにおいても、急速にクラウドFAXの普及が進んでいます。そこでこの記事では、クラウドFAXの特徴や導入メリット、検討時の比較ポイントをご紹介します。クラウドFAXを選ぶ際の参考にしてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



クラウドFAXでできる業務効率化とは?

クラウドFAXサービスではFAX業務における紙出力を減らせるため、ペーパーレス化を実現できる点が大きなメリットです。しかし、クラウドFAXサービスによる業務効率化はそれだけではありません。


書類配布の手間を減らせる

紙のFAXで受信した書類を、必要な枚数だけコピーして人の手で配布する作業は、バックオフィス業務の大きな負担となっていました。

しかしクラウドFAXサービスのなかには、自動振り分け機能を備えたものもあるため、受信した時点でその書類が必要な従業員にだけ振り分けを行えます。コピーや配布の手間を省けることも、業務の効率化につながります。


もちろんテレワークにも対応

インターネット上でFAXの送受信や確認が行えるため、複合機がない場所でもFAX業務が行えます。テレワーク従業員の負担を減らせることに加え、外回り中心の業務を行う営業担当者も、わざわざFAXを見るために都度帰社する必要がなくなります。


FAX番号を変えなくても使えるサービスも!

クラウドFAXサービスは、新規導入時には新しいFAX番号を割り当てられるケースが一般的でした。このため、「業務上FAX番号は簡単に変えられない」と、サービス導入に二の足を踏む方も多かったと思います。

しかし最近では、従来のFAX番号のまま導入できるクラウドFAXサービスもあります。

ネクスウェイの「FNX e-受信FAXサービス」もその1つです。現在使用している複合機に専用の貸与アダプタを取り付けるだけで使えるため、設置から利用開始までもスムーズです。

 

FNX e-受信FAXサービス


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


まとめ

テレワークやペーパーレス化への対応に向け、紙のFAXをどうするかが懸案となっている企業も多いのではないでしょうか。

脱FAXをいきなり実施することは現実的でない場合、自社内でのFAX業務だけを電子化できるクラウドFAXサービスから導入することがおすすめです。

***

ネクスウェイの「FNX e-受信FAXサービス」 は、受発注業務に特化したクラウドFAXサービスです。重要な連絡手段としてFAXが外せないという方も、安心して導入できるサービス内容と機能をそろえています。

FAXの電子化に際しお悩みがありましたら、ぜひネクスウェイまでお問い合わせください。


>>>今お使いのFAX番号がそのまま使える「FNX e-受信FAXサービス」の資料をダウンロード



FAX自動受信サービス「FNX e-受信FAXサービス」の詳細はこちらから


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。
BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した20社の取り組みをご紹介!!事例集無料ダウンロード

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした!
20社の事例集ダウンロード

 

  • FAX受発注業務や請求業務のコストを削減したい
  • FAXの保守管理の手間を削減したい
  • 経理担当者の働き方改革を始めたい

このようなお悩みをお持ちの方におすすめの事例集です。20社がどのように業務改善やコスト削減を実現したのか、ご紹介しています。

ぜひダウンロードしてみてください。

 

フォームに必要事項をご記入いただくと、
無料で
事例集ダウンロードが可能です。
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
 
企業間商取引の業務効率化ノウハウ

企業間商取引のデジタル化・自動化は
ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\3 分でわかる!/
FAX受発注業務のカイゼン ~4つの方法とポイント~

クラウド?オンプレ?大量のFAX配信の 方法を徹底比較!!
クラウド?オンプレ?
大量のFAX配信の方法を徹底比較!!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧