【必読6ポイント】クラウドFAXの比較・選び方のポイントを紹介

​​​​​​​必読6ポイント クラウドFAXの 比較・選び方の ポイントを紹介


こんにちは。クラウドFAXサービス「FNX e-受信FAXサービス」ライターチームです。


日々の受発注業務をFAXで行う場合、大量に受信するFAXへの対応と管理に悩まされている企業も多いのではないでしょうか。

クラウドFAXは、従来の紙のFAXをクラウド化する仕組みのことです。FAXを電子化することで場所に制限されないFAX送受信や容易な保管・検索機能が可能になります。FAX業務の効率化とコスト削減を可能にするシステムです。


この記事では、クラウドFAXの仕組みやメリット、導入時の注意点などを解説します。一部のクラウドFAXは既存のFAX番号を変えることなく容易に導入が可能です。

業務効率化やコスト削減、リモートワークへの対応を検討している企業のご担当者様は、ぜひ参考にしてください。


>>>FAXのクラウド化ができる「FNX e-受信FAXサービス」の資料をダウンロードする


FAX受発注業務のカイゼン 4つの方法とポイント

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


目次[非表示]

  1. 1.クラウドFAXとは?
    1. 1.1.クラウドFAXの種類
    2. 1.2.クラウドFAXにはどのようなタイプがあるか
    3. 1.3.クラウドFAXはどのような職場環境に向いているか
  2. 2.クラウドFAXのメリットと注意点
    1. 2.1.クラウドFAXのメリット
    2. 2.2.クラウドFAXの注意点
  3. 3.クラウドFAXを選ぶ時に大切な6つのポイント
    1. 3.1.保存期間・容量がどれくらいあるか
    2. 3.2.FAX番号が変わるか、変わらないか
    3. 3.3.設置費用や、料金形態の確認
    4. 3.4.設置~利用開始までにどれくらい時間がかかるか
    5. 3.5.部署、拠点単位のスモールスタートが可能か
    6. 3.6.その他、自社に必要と感じる機能があるか
  4. 4.今お使いのFAX番号が変わらない「FNX e-受信FAXサービス」
  5. 5.まとめ


クラウドFAXとは?

クラウドFAXとは、クラウド上でFAXをやり取りする仕組みのことです。インターネットFAX、クラウド型FAXサービスなどと呼ばれることもあります。


  インターネットFAXとは?一般的なFAXとの違いや利用方法、導入のメリットなど解説 インターネットの普及が進み、ツールも多様化するにつれて、ビジネスのスタイルもさまざまな面で変化してきました。 この記事では、インターネットFAXの概要や仕組み、メリットから、料金や利用方法、一般的なFAXとの違いまで解説していますので、ぜひ検討の参考にしてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



クラウドFAXでは、クラウド上にFAXデータが保管されます。取引先がFAX機から紙で送信したとしても、自社がクラウドFAXを利用していれば、自動的にPDFなどの画像データに変換されてクラウドサーバ上に保存されます。


そのため、パソコンやモバイルなどで、どこからでも閲覧可能です。逆にPDFなどの帳票ファイルをPCなどから送信して、取引先の会社がFAXで受信し、紙に出力することも可能です。


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


クラウドFAXの種類

クラウドFAXには、送受信に①インターネット回線を利用するものと、②既存の電話回線をそのまま使うものの2種類があります。

ただし、「クラウド型FAXサービス」「インターネットFAX」という言葉の定義はメーカーやサービス提供会社によって異なります。上述の①、②両方のタイプを含める場合や、①だけを意味する場合がありますので、サービス検討時には注意が必要です。

①インターネット回線を使用するサービス

インターネット回線を用いてFAXデータの送受信を行うタイプです。相手先FAXとの送受信処理はサービス事業者の電話回線で行うことが多いです。利用開始までは早いですが、電話番号が変わるケースが多いのが特徴です。



②既存の電話回線をそのまま使用するサービス

既存の電話回線(FAX回線)にサービス業者が提供する小型の変換機を設置し、変換器を経由してクラウド上にデータを保存、管理するタイプです。今使っている電話番号をそのまま利用できるケースが多いのが特徴です。


クラウドFAXにはどのようなタイプがあるか

一口にクラウドFAXといってもさまざまなタイプがあります。

既存のFAX機に小型のアダプタをつけるだけで簡単に導入できるものや、大量の送受信がしやすいもの、自動でテキスト加筆やスタンプ押印をして返信ができるものなど製品・サービスごとに特徴があります。また、通信会社が運営するサービスでは、受信無料を強みにしているところもあります。

いくつかの製品を検討し、自社にあったサービスを選びましょう。


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


クラウドFAXはどのような職場環境に向いているか

クラウドFAXはどのような職場環境に向いているのでしょうか。具体的な業務内容を挙げながら解説します。



①発注書や各種帳票のやりとりをFAXで行っている職場

発注書や見積書、納期回答書など商取引に関する帳票を、日々大量に送受信している職場では、クラウドFAXを導入するメリットが大いにあるでしょう。

デスクを離れず送受信が可能なうえ、自動仕分け機能があればさらにスピーディーな処理ができます。顧客満足度の向上や機会損失の低減も期待できるでしょう。



②事務所外や在宅勤務でFAXを見たり、送ったりすると便利になると感じられる職場

外出や出張が多い事務所では、出先からのFAX確認が遅れるケースが多いのではないでしょうか。もしくは、内勤中の社員が届いたFAXをPDF化してメールやチャットツールで送信することで対応もできますが、社員の工数が増えてしまいます。

また、在宅勤務制度を導入している企業では、「オフィスに届くFAXを確認するために順番で出社している」ということもあるかもしれません。

クラウドFAXなら、外出先や在宅勤務中でもパソコンやスマホで、FAXを適時確認し返信できるため、対応スピードの向上や働く環境整備にもつながります。


  テレワークでも受発注業務は可能!「受発注業務があるから在宅勤務できない」を解決! コロナ禍以降、テレワーク・在宅勤務のニーズが高まっていますが、「電話やFAXを伴う受発注業務があるため在宅勤務できない」と考えている方が多いかもしれません。FAX受信を伴うでは、どのようにすればテレワークを実現できるのでしょうか。この記事は、テレワーク推進や受発注業務の電子化を検討している・進めている方に向けて、受発注業務のテレワークで課題になりやすいことや、テレワーク対応の方法、メリットなどを解説します。自社のテレワーク推進や業務効率化、緊急事態における事業継続計画立案などの参考にしてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


クラウドFAXのメリットと注意点

紙媒体のFAXをクラウドFAXでの管理に変えると、どのようなメリットがあるのでしょうか。電子化による注意点とあわせて解説します。

クラウドFAXのメリット

①業務の効率化

紙媒体のFAXでは、業務本来の工数以外に多くの負担が発生します。「届いたFAXを確認するためにFAX機まで移動する」「担当者や上司にFAX文書を配る」「納期回答や依頼などのコメントを手書きで追記」「返信のためにFAX機まで移動」などだけでも、かなりの工数になるでしょう。

さらに、「用紙やインクの補給」「機密文書の保管・破棄」「修理やメンテナンスに立ち会う」なども意外に手間です。


クラウドFAXではこれらの物理的な労力をほぼゼロにできるほか、サービスの検索機能で簡単に過去のFAXを見つけられます。問い合わせに対して少人数で迅速に対応できるようになった事例も多くあります。

  注文書の処理時間97%削減!スピードアップによるサービス品質の向上につながったFAX電子化 発注書などのFAXが年間24,000枚も届き、その仕分けや返信にかかる時間に悩まされていたアイホン株式会社樣。「FNX e-受信FAXサービス」を導入し、FAXの注文書への対応スピードが45分から3分に短縮、約97%削減できたそうです。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



②セキュリティの強化

近年、セキュリティ問題の多くが、アナログに関わって発生していることがわかっています。FAXに関しては「重要文書をFAX機に置き忘れる・紛失する」「番号間違いの送信により情報漏えいしてしまう」などです。来客者によるFAX文書のショルダーハッキング(のぞき見)も意外に大きな脅威です。

クラウドFAXの利点は、ログインIDやパスワードによって閲覧者や送信者を制限すれば、容易にセキュアな職場を構築できることです。また、万が一、問題が発生した場合も、操作・送受信ログで追跡できるサービスもあります。



③働き方改革の推進

クラウドFAXはインターネット環境さえあれば、どこでもFAXを送受信できます。リモートワークにおいても、社内と同じ手順で取引先からのFAXを受け取り、送信できます。

社外や他拠点、自宅からでもFAXの送受信が可能になるため、緊急事態(災害・停電など)における事業継続計画(BCP)としても有効です。


  FAX受発注業務をとめない!今検討すべきBCP対策とは? 近年、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言や、地震や大雨などの自然災害などが、ビジネスに大きな影響をもたらしています。そんな中、注目されているのが「BCP対策」。こちらでは、BCP対策に関する基礎知識やFAX受発注業務のBCP対策のポイント、クラウド型FAX受信サービスのBCPへの活用メリットなどについてお話しします。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



④経費削減や管理のしやすさ

ペーパーレス化によってFAXの用紙代やインク代などの消耗品の費用の節約ができます。また、FAX機の数や文書保管場所を減らしてリース料や固定費を抑えることも可能です。

導入した企業のなかには、クラウドFAXの導入によって、過去の書類の保管用に借りていた倉庫を解約し、大幅なコスト削減を達成できた企業もあります。


  3ヶ月で25,000枚の紙を削減。FAX受注の処理が劇的に変化した秘訣とは 1日に100枚弱も届くFAXを複合機へ取りに行くのに余計な時間がかかっていた株式会社オーリック様。『FNX e-受信FAXサービス』を導入し、1日あたり約20分の時間削減になっただけでなく、3ヶ月で25,000枚分ものペーパーレスにつながっています。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


保存された書類はクラウド上にあるため閲覧・検索がしやすく、容量・件数の範囲内でサービス会社が保管するため管理も容易です。また、文書管理やセキュリティ対策に必要な人件費の削減が見込めます。


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


クラウドFAXの注意点

①インターネット環境が必要

クラウドFAXを導入するには、インターネット環境は必要です。インターネット環境がない企業は少ないですが、無線回線の構築や有線の引き回しなども検討しておく必要があります。

②FAX番号が変わる場合がある

インターネットFAXの場合は、サービス業者が指定するFAX番号を使わなければなりません。導入する場合は取引先や顧客への周知を徹底し、迷惑がかからないように気を付けましょう。一方、既存のFAX番号を使えるクラウドFAXは導入ハードルが比較的低いと言えます。

今使っているFAX番号を変えなくてもよいサービスもあるので、検討時には確認しましょう。

  今お使いの番号そのままにインターネットFAXを利用する3つの方法とは? FAXをWEB上でやり取りするインターネットFAX。FAXのデジタル化や業務効率化などのメリットもある一方、「今使っているFAX番号を変えるのはリスクが大きい」とサービス導入を躊躇している方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回、インターネットFAXのメリット・デメリットを改めて解説するとともに、今使っているFAX番号を変えずにインターネットFAXを導入する3つの方法をまとめました。 FAX電子化・クラウド化のサービスを検討する際の参考に、ぜひご覧ください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



③見落としや削除に注意が必要

クラウドFAXでは全てが画面上の確認、操作になるため、見落としや誤操作による削除などに注意が必要です。難しい操作はありませんが、パソコン操作に不慣れな従業員がいる場合は、必要に応じて研修を実施しておきましょう。


クラウドFAXを選ぶ時に大切な6つのポイント

クラウドを利用したFAXサービスを選ぶ時のポイント


ここでは、クラウドFAXを選定する際の重要ポイントを解説します。



保存期間・容量がどれくらいあるか

サービスによって異なりますが、送受信の件数や期間で制限を設けていることが一般的です。業務形態や社内規定に応じて十分な保存容量・期間があるか確認しましょう。

セキュリティ上、送受信や操作の履歴を残したい場合はログ容量もチェックしておきます。



FAX番号が変わるか、変わらないか

FAX番号が変わると顧客や取引先、関係部署への連絡が必要になります。もし、周知されていなければトラブルやクレームが発生することが予想されます。必要に応じて、運用が安定するまで新旧システムを同時稼働させることも検討しなければなりません。

また、番号の連絡ミスにも注意が必要です。違う部署にFAXが届く程度なら被害は少ないですが、全く違う宛先に機密文書や個人情報付きの文書を送信して、大きな問題につながった事例もあります。

取引先が多い場合にはFAX番号が変わらないサービスを選定するとよいでしょう。


  自動FAX受信サービス移行時のFAX番号変更問題 面倒なFAX受注業務に対して非常に有効なソリューションとなる自動FAX受信サービス。一方で、多くの企業が直面しているのが、「今使っているFAX番号が変更されてしまう」という問題です。こちらでは、既存のFAXから自動FAX受信サービスに移行する際の番号変更問題についてお話しします。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



設置費用や、料金形態の確認

クラウドFAXを導入すると、多くの場合、初期費用(イニシャルコスト)とサービスの利用料金(ランニングコスト)がかかります。利用料金は月額固定や枚数ごとの従量課金制など、製品・サービスによってさまざまです。

自社の業務体系、送受信枚数に応じて、適切な製品・サービスを選ぶといいでしょう。


  FAXの送受信にはいくらかかる?コストをおさえる3つの方法も解説 FAXを送受信する際には、料金は発生するのでしょうか。FAXの送受信時にかかる料金について解説します。FAX受信時のカウンター料金のしくみやコストをおさえる3つの方法も紹介しますので、コスト見直し時の参考にしてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



設置~利用開始までにどれくらい時間がかかるか

すぐに使えるかどうかは重要なポイントです。特に毎日大量のFAXを受信している部署の場合は最重要の検討項目になります。運用までの負担をできるだけ抑えたい場合、専用アダプタを追加するだけのクラウドFAXが最適です。



部署、拠点単位のスモールスタートが可能か

サービスを導入する場合、「うまくいかなった場合」のことを考えることは重要です。クラウド型のサービスのメリットの1つは、うまくいかなった場合にすぐ解約できること、と言われています。

クラウドFAXも全部署・全拠点で一斉導入ではなく、一拠点・一部署から導入でき、使用感や運用ルールの整備を確認できるサービスを選ぶといいでしょう。



その他、自社に必要と感じる機能があるか

クラウドFAXに、自社に必要な機能があるかチェックします。たとえば、送受信履歴の保存機能やフォルダ作成機能や自動振り分け機能、テキストや定型文の差し込み機能などです。

また、日付印の挿入やメモ・図形・付箋の追加機能などは、リモートワークをスムーズに進めるうえで、便利に活用できるのではないでしょうか。一部のサービスには「回答済み」「見積もり中」などのステータス管理機能を実装しているものもあり、ワークフローの見える化・効率化も見込めます。


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


今お使いのFAX番号が変わらない「FNX e-受信FAXサービス」

ネクスウェイのFNX e-受信FAXサービスは、今使っているFAX番号を変えずに利用できるクラウドFAXです。パソコンからの簡単操作で、FAXの仕分け・閲覧・検索・編集・送信が簡単にでき、下記のような特徴があります。


  1. 保存容量の制限なし
  2. FAX番号を変えずにクラウドFAXを使える
  3. 専用の貸与アダプタを設置するだけなので、導入が簡単
  4. 一拠点・一部署から導入でき、スモールスタートができる
  5. 自動仕分けや定型文挿入機能など便利な機能を標準搭載


クラウドFAXを導入し、FAXの電子化や効率化をしたい方におすすめのサービスです。


  機能紹介ガイド ダウンロード|FNX e-受信FAXサービス クラウドFAX受信サービス「FNX e-受信FAXサービス」の機能一覧や画面イメージ、便利機能について解説した資料がダウンロードいただけます。どういう機能があるか知りたい方、自社の運用に合うか検討したい方、FAX受信サービスをご検討の方にオススメです。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



まとめ

クラウドFAXは、FAXをクラウド化することで場所に制限されないFAX送受信や容易な保管・検索機能を可能とします。日々、大量に受信するFAXへの対応と管理に悩まされている企業にとって、最適なシステムです。


****


ネクスウェイの「FNX e-受信FAXサービス」は、現在のFAX番号がそのまま使える、受発注業務に特化したFAX電子化サービスです。貸与する専用アダプタを既存のFAX回線に設置いただくだけで、FAXの送受信、閲覧、編集、保管をクラウド上で行えます。クラウド型のためサーバー管理人員も必要なく、すぐに使い始められます。

クラウドFAXの導入をお考えなら、ぜひお問い合わせください。


>>クラウドでFAXが送受信できる「FNX e-受信FAXサービス」の サービス資料をダウンロードする【無料】


FAX受信サービス選び方ガイド


FAX自動受信サービス「FNX e-受信FAXサービス」の詳細はこちらから


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。
BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した20社の取り組みをご紹介!!事例集無料ダウンロード

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした!
20社の事例集ダウンロード

 

  • FAX受発注業務や請求業務のコストを削減したい
  • FAXの保守管理の手間を削減したい
  • 経理担当者の働き方改革を始めたい

このようなお悩みをお持ちの方におすすめの事例集です。20社がどのように業務改善やコスト削減を実現したのか、ご紹介しています。

ぜひダウンロードしてみてください。

 

フォームに必要事項をご記入いただくと、
無料で
事例集ダウンロードが可能です。
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
 
企業間商取引の業務効率化ノウハウ

企業間商取引のデジタル化・自動化は
ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\3 分でわかる!/
FAX受発注業務のカイゼン ~4つの方法とポイント~

クラウド?オンプレ?大量のFAX配信の 方法を徹底比較!!
クラウド?オンプレ?
大量のFAX配信の方法を徹底比較!!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧