インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのメリット・デメリットを徹底解説!

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのメリット・デメリットを徹底解説!

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスとは、インターネットにつながったパソコンなどから、FAXの送受信を行えるサービスです。従来のFAXよりも業務効率化をはかれることが期待できます。

この記事では、インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのメリット・デメリットを徹底解説します。サービスを導入する際の参考にしてください。

>>>FAX受信業務の効率化ができる「FNX e-受信FAXサービス」の話を聞いてみる 


目次[非表示]

  1. 1.1. インターネットFAX・クラウド型FAXサービスとは
  2. 2.2.インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのメリット
    1. 2.1.- 受信FAXをデータで管理できる
    2. 2.2.- FAX業務の効率性を上げることができる
    3. 2.3.- 社内コミュニケーション効率が向上する
    4. 2.4.- コストをおさえられる
    5. 2.5.- 自宅や外出先でもFAXを受け取れる
    6. 2.6.- 内容を確認してから印刷できる
    7. 2.7.- 情報漏えいのリスクが低い
  3. 3.3.インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのデメリット
    1. 3.1.- 受信にも料金がかかることがある
    2. 3.2.- 手書きFAXを送る際には手間がかかる
    3. 3.3.- WEB環境が必要である
    4. 3.4.- 受信を見逃すリスクがある
    5. 3.5.- すでにFAX番号がある場合、変更が必要なことがある
    6. 3.6.- 新しいFAX番号の市外局番が違う場合がある
  4. 4.4. 一般的なインターネットFAXとFNX e-受信FAXサービスの違い
  5. 5.5. まとめ


1. インターネットFAX・クラウド型FAXサービスとは

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスとは、インターネットにつながったパソコン、スマートフォンなどで、FAXの送受信ができるサービスのことをいいます。使用中のFAX回線が使えるものと、インターネット回線を使用するもの、2タイプがあります。FAX機のあるオフィスにいなくても、自宅や外出先からでも、FAXを送受信できます。




2.インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのメリット

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスは、コスト・利便性・管理のしやすさなどの点で、従来のFAXにはなかったメリットがあります。




- 受信FAXをデータで管理できる

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスの場合、受信FAXをデータ形式で保存できるため、データの管理がしやすくなります。電子データとして保存できるため、受信件数・返信件数のデータ化や、受信日時や送信元FAX番号での検索なども簡単に行えます。




- FAX業務の効率性を上げることができる

受信したFAXをクラウドサーバで管理するため、FAX受信するたびに自席とFAX機を往復し、毎日数千枚という書類を仕分けて管理・保管する、などの作業がなくなります。業務スピードの向上や、書類の誤送信や受信FAXの破損・紛失などのリスク低減にもなるでしょう。

参考記事: 【実例解説】FAX業務の可視化できていますか?現状把握による働き方改革の実現方法とは!?




- 社内コミュニケーション効率が向上する

いつでも・どこからでもインターネットにつながるパソコンがあればFAXを確認できるため、社内メンバー間でFAXの内容について確認したい場合の効率性が向上します。

従来、社内のメンバーが手元のFAXを見ながら、外出中の営業と電話やメールでやり取りしていたものが、営業も外出先から受信したFAXをWEB管理画面で閲覧できるようになります。お互いが同じWEB画面を見れば、スムーズにコミュニケーションを図れるでしょう。




- コストをおさえられる

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスは、受信したFAXをデータとしてクラウドサーバに保管するため、従来のインク代・用紙代などが不要となるため、コストをおさえられます。

また、受発注に関わる書類の場合、企業によっては3年や5年などの保管期間を設けていると思います。その間の保管スペースや、場合によっては外部倉庫を借りていた場合、そのコストなども不要になります。




- 自宅や外出先でもFAXを受け取れる

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスの場合、自宅や外出先でもFAXを確認できます。インターネットにつながる環境であれば、どこにいてもアクセス可能であるため、従来のFAXより利便性が高いです。

また、受信したFAXデータはWEB管理画面で把握できるため、上長はメンバーの作業進捗を把握することも可能になります。

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスを利用することでリモートワークへの移行も容易になるでしょう。




- 内容を確認してから印刷できる

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスの場合、印刷する前に内容を確認できるため、迷惑FAXなど、不要なものはすぐに削除できます。また、必要なデータのみを選択して印刷できることがメリットです。




- 情報漏えいのリスクが低い

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスの場合、SSL暗号化やログインできるIPアドレスを制限することにより、情報漏えいのリスクを低くできます。また、送信前に再度確認を促すなど、誤送信を低減できる機能もあります。




3.インターネットFAX・クラウド型FAXサービスのデメリット

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスは、メリットが多いですが、デメリットもあります。




- 受信にも料金がかかることがある

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスの場合、FAXの受信時にも料金がかかることがあります。従来のFAXでは、受信時に料金がかかることはありません。サービスによって異なるため、よく確認して、サービス業者を選ぶことをおすすめします。FAXの受信枚数が多い会社の場合、特に注意が必要です。





- 手書きFAXを送る際には手間がかかる

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスの場合、手書きFAXを送付する際には手間がかかります。スキャナで取り込む、カメラやスマホで撮影するなどして、画像ファイルに変換する必要があります。サービスによっては、テキスト差込機能や捺印機能があるので、サービス選定時には確認するといいでしょう。





- WEB環境が必要である

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスは、WEB環境が整っていなければ利用できません。ほとんどの企業では、社内のWEB環境は問題なく整っていると考えられますので、テレワークなどを開始する際には、社員の自宅のWEB環境を確認し、場合によっては整える必要が生じる可能性があります。





- 受信を見逃すリスクがある

インターネットFAX・クラウド型FAXサービスの場合、従来のFAXのように紙が出力されることがないので、受信を見逃すリスクがあります。サービスによっては通知機能を備えているものもあるので、選定時に確認しましょう。一方で、受信枚数が多い場合、都度通知がくると他の業務の支障になる場合もあるので、考慮が必要です。


参考記事: FAX受信に気づかない?大切なFAXを確認するために




- すでにFAX番号がある場合、変更が必要なことがある

すでに従来型のFAXを活用していた場合、FAX番号の変更が必要なことがあります。サービスがFAX送受信にインターネット回線を利用する場合は、変更が必要です。一方、既存のFAX回線をそのまま活用するサービスの場合は、変更が不要です。多くの業者とFAXでやりとりする企業の場合は、番号変更が不要なサービスを選定するのがおすすめです。





- 新しいFAX番号の市外局番が違う場合がある

前項でFAX番号が変わる場合、サービスによっては、取得できるFAX番号の市外局番が、実際の市外局番と違う場合があります。例えば、050などに限定されてしまうケースがあるため、しっかり確認しておくことが大切です。FAX番号は、会社の信頼にも関わるため、現在使用しているFAX番号をそのまま使えるサービスがおすすめです。




4. 一般的なインターネットFAXとFNX e-受信FAXサービスの違い

ネクスウェイの「FNX e-受信FAXサービス」は、クラウド型FAXサービスで、WEBブラウザの管理画面からFAXの送受信が行えます。FAX回線に貸与するアダプタを設置するだけで導入できるため、FAX回線さえあれば、工事不要で簡単に導入できます。既存のFAX回線を活用できるため、FAX番号の変更は不要です。



外出先や自宅から簡単にFAXの確認、コメント追記や返信が行え、FAXを確認するために会社に出向く必要がないため、テレワークや外回りの業務が多い人も活用できます。FNX e-受信FAXサービスを導入することで、FAX業務の効率化、テレワークの推進などが行えます。

 




5. まとめ

この記事ではインターネットFAX・クラウド型FAXサービスの概要、メリット、デメリットについて解説しました。インターネットFAX・クラウド型FAXサービスは従来のFAXと比べると業務の効率化が図れるところが魅力です。デメリットもありますが、事前にサービスの内容を確認すれば、回避することは可能です。


ネクスウェイの「FNX e-受信FAXサービス」は、受発注業務に特化したサービスです。すぐに導入と利用開始ができるクラウド型のサービスであり、既存のFAX番号をそのまま使えるため、非常に便利です。詳細を知りたい方は、ぜひお問い合わせください。


>>FAXのペーパーレス化ができる「FNX e-受信FAXサービス」の導入事例を資料請求する【無料】


システム選定で失敗しないための!FAX受信サービス選び方ガイド


FAX自動受信サービス「FNX e-受信FAXサービス」の詳細はこちらから


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援

FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。

企業間商取引のデジタル化・自動化は ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます