なぜ進まない!職場のペーパーレス化の課題と推進ポイントとは?

なぜ進まない!職場のペーパーレス化の課題と推進ポイントとは?


こんにちは。「FNX e-受信FAXサービス」ライターチームです。


新型コロナウイルス感染症拡大を受け、企業におけるテレワークの流れが進むなか、ペーパーレスをすすめる企業も増えています。

一方で、「ペーパーレス化の重要性は理解しつつも、なかなか職場でペーパーレスが進まない」という企業も多いのではないでしょうか?


この記事では、ペーパーレス化の課題や推進するポイントを解説しています。ペーパーレス化を推進する参考にしてください。


>>>FAXのペーパーレス化ができる「FNX e-受信FAXサービス」の資料をダウンロード【無料】


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


目次[非表示]

  1. 1.ペーパーレス化のメリット
  2. 2.ペーパーレス化が進まない要因
    1. 2.1.導入にはコストがかかる
    2. 2.2.電子化ができない書類を扱っている
    3. 2.3.IT化やデジタル化への対応が遅れている
    4. 2.4.ペーパーレス化への理解が得られない
    5. 2.5.オペレーションの移行が難しい
    6. 2.6.ディスプレイのサイズが小さい
  3. 3.ペーパーレス化を推進するポイント
  4. 4.ペーパーレス化のおすすめのサービス・ツール
    1. 4.1.まずはペーパーレスFAXで受発注のペーパーレス化を
  5. 5.まとめ


ペーパーレス化のメリット

ペーパーレスとは、文字通り紙をなくす・少なくする取り組みのことです。企業においては、契約書や領収書、資料などの紙媒体を電子化することを指します。

ペーパーレス化を行うと企業にとって下記のようなメリットがあります。


  • テレワーク化・働き方改革につながる

  • 業務効率があがる

  • オフィスを有効活用できる

  • 印刷用紙やプリンタートナーのコストが削減できる

  • 資料の紛失リスクがなくなる

  • 環境保全につながる


詳しくは下記の記事で解説してますので、ご覧ください。


  ペーパーレス化から始める働き方改革!推進方法と3つのステップを解説 仕事量を減らさずに時間短縮を実現する有効な対策の1つには、ペーパーレスの導入があげられます。そこでこの記事では、ペーパーレス導入による働き方改革についてご紹介します。ペーパーレス化によるメリットやデメリット、ペーパーレス導入のステップなどをご説明しますので、これからペーパーレス化に取り組みたい方はご参考にしてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集



ペーパーレス化が進まない要因

 ペーパーレス化をスムーズに導入できる企業ばかりではありません。どのような理由で、導入が進まないのでしょうか。



導入にはコストがかかる

ペーパーレス化の導入には、コストがかかります。

特に、社内の顧客管理システムと連携させる場合や、従業員の人数分のパソコンやタブレットが必要な場合は、さらに導入コストがかかります。社内にIT機器に詳しい人がいなければ、システム選定や整備の工数も増えてしまいます。



電子化ができない書類を扱っている

不動産の売買・賃貸契約、訪問販売等の交付書面、労働者派遣契約などは、紙媒体の書類を求められることが多いと言われています。また、電子化に相手の承諾が必要な書面もあります。法律上、電子化をしても問題がない場合でも、顧客との信頼関係を築くために、書面を交付することもめずらしくありません。

業種によっては、ペーパーレス化を進めにくい事情もあるのです。



IT化やデジタル化への対応が遅れている

ペーパーレス化を行うと、データ保存のためのサーバーや、通信量増加に対応するための、通信機器の更新が必要な場合があります。社内システムが古いなどの問題が多ければ、簡単にはペーパーレス化に対応できません。

また、パソコンやタブレットの操作に、不慣れな従業員が多いと、ペーパーレス化が進みづらくなります。



ペーパーレス化への理解が得られない

ペーパーレス化ができる企業でも、従業員の理解が得られない場合があります。複数の書類を広げたり並べたりできることから、紙の書類を好む人も多いためです。

また、メモ書きをしたり、付箋を貼ったりしたい人もいるでしょう。「パソコンやタブレットの画面が見づらく生産性が落ちる」「必要なときにすぐに読めない」など理由で、導入に反対されることも考えられます。このような状況では、ペーパーレス化は進みません。



オペレーションの移行が難しい

業務の流れが変わることに抵抗があり、ペーパーレス化ができないケースもあります。

たとえば、パソコンを共有していて、従業員ごとにアクセス権限が違う場合、ログインをし直す作業に手間を感じるでしょう。デジタル化した文書を誰かが分類するなど、新たな業務が生じる可能性もあります。

特に役職者の年齢層は、紙での作業に慣れていることが多く、オペレーションの移行が負担になりがちです。



ディスプレイのサイズが小さい

パソコンやタブレットのディスプレイサイズが小さく、読みづらさを感じる人もいます。紙の資料と比べて、文字サイズが小さいため、目が疲れてしまうのでしょう。また、並べて見られない点も不便です。

ペーパーレス化の前に、大型のディスプレイにする、複数モニタにするなど、設備を整えることが必要な場合があります。


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


ペーパーレス化を推進するポイント

ペーパーレス化を推進するには、どのようにしたらよいのでしょうか。ペーパーレス化を推進するには、以下の導入ステップを踏むことがおすすめです。

  1. 現状の課題の整理
  2. 専門のチームを作って体制を整え、優先順位を決定
  3. ITツール・システムの選定


詳しくは、以下の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

  ペーパーレス化から始める働き方改革!推進方法と3つのステップを解説 仕事量を減らさずに時間短縮を実現する有効な対策の1つには、ペーパーレスの導入があげられます。そこでこの記事では、ペーパーレス導入による働き方改革についてご紹介します。ペーパーレス化によるメリットやデメリット、ペーパーレス導入のステップなどをご説明しますので、これからペーパーレス化に取り組みたい方はご参考にしてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集



ペーパーレス化のおすすめのサービス・ツール

実際にペーパーレスをすすめる場合、各業務や用途に特化したツールが用意されていますので、まずは自社の課題を把握し、課題解決に適切なツールから導入するのがおすすめです。


取引先との契約文書のやり取りの迅速化に役立つツール

  • 電子帳票システム
  • 電子契約システム

取引先との受発注業務の効率化に役立つツール

  • EDI
  • ペーパーレスFAX

取引先との請求書業務の効率化に役立つツール

  • WEB請求書システム

文書の保管の効率化・省スペース化に役立つツール

  • 文書管理システム
  • ワークフローシステム


ツールについては下記記事で詳細に紹介していますので、ぜひご覧ください。

  【用途別】ペーパーレス化のおすすめツールを紹介 世の中にはペーパーレス化をサポートするさまざまなツールがあります。その選定次第では、ペーパーレス化の効果をより実感できるかもしれません。この記事ではペーパーレス化に際して導入したい、効果・効率アップにおすすめの各種ツールをご紹介します。業務の効率化やスピード化によりペーパーレスを役立てたいとお考えの方は、ぜひ本記事の情報をご参考にしてください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



まずはペーパーレスFAXで受発注のペーパーレス化を

受発注業務のペーパーレス化におすすめなのが「ペーパーレスFAX」です。

ペーパーレスFAXとは、FAXで受信したデータを、電子データで保存して管理できるシステムです。紙代や印刷代などのコスト削減が期待できます。またFAX紛失の心配がないことや、スキャンした後に保存などの二度手間がかからないのもメリットです。

送信元は紙で送信できるため、顧客に負担がかかることはありません。導入ハードルが低いことから、段階的にペーパーレス化を進めたい場合に、向いているシステムです。


  受発注のFAXを100%ペーパーレス化!業務効率化とリモートワーク対応を同時に実現 紙FAXの受発注業務をリモートワークで行えなかったNJT銅管株式会社様。『FNX e-受信FAXサービス』を導入することで、受発注FAXの100%ペーパーレス化を実現されています。リモート環境でも滞りなくFAX受発注業務を行えるようにも。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



  ペーパーレスFAXとは?メリット・デメリットや導入事例を詳しく紹介 商取引のデジタル・DX化が進む一方、取引先との受発注業務でFAXを利用している方もまだまだ多いのも事実です。一方で、従来の紙を用いたFAX業務は非効率な面も多く、企業活動への影響も小さくはないです。 そこで、FAX業務の効率化が可能なペーパーレスFAXの特徴やメリット・デメリット、導入事例をまとめました。 FAX業務の効率化・ペーパーレス化を検討する際の参考に、ぜひご覧ください。 BtoB帳票支援ソリューション/ネクスウェイ



まとめ

ペーパーレス化は、業務効率の向上やコスト削減、資源の無駄づかいをなくせるなど、メリットが多い施策です。

しかしながら、ペーパーレス化の重要性は理解しつつも、なかなか職場でペーパーレスが進まないという企業も多いのではないでしょうか。

一度にすべての業務をペーパーレス化するのは従業員の負担が大きいため、社内の理解を得ながら、段階的に進めましょう。FAXのペーパーレス化などから取り組むのがおすすめです。


3ヶ月で25,000枚の紙を削減|ペーパーレスの事例はこちらから>>>


BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集


****


ネクスウェイの「FNX e-受信FAXサービス」 は受発注業務に特化したペーパーレスFAXサービスです。現在のFAX番号はそのままで、ペーパーレス化が実現できます。クラウド型システムのため、特別な設備導入は必要なく、1部署1拠点でのスモールスタートがしやすいのも特徴といえます。


>>FAXのペーパーレス化ができる「FNX e-受信FAXサービス」の導入事例を資料請求する【無料】




FAX自動受信サービス「FNX e-受信FAXサービス」の詳細はこちらから


株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
株式会社ネクスウェイ/BtoB帳票支援
FAXの送受信や帳票発行業務をはじめとする企業間商取引支援ソリューションで、企業の課題解決をサポートしています。 製造、卸売、金融、物流など、あらゆる業界で発生する企業間商取引のデジタル化や自動化など価値あるコンテンツをお届けしていきます。
BtoB取引のFAX・帳票業務を効率化した20社の取り組みをご紹介!!事例集無料ダウンロード

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした!
20社の事例集ダウンロード

 

  • FAX受発注業務や請求業務のコストを削減したい
  • FAXの保守管理の手間を削減したい
  • 経理担当者の働き方改革を始めたい

このようなお悩みをお持ちの方におすすめの事例集です。20社がどのように業務改善やコスト削減を実現したのか、ご紹介しています。

ぜひダウンロードしてみてください。

 

フォームに必要事項をご記入いただくと、
無料で
事例集ダウンロードが可能です。
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
 
企業間商取引の業務効率化ノウハウ

企業間商取引のデジタル化・自動化は
ネクスウェイにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
お見積もりやサービスに関するお問い合わせはこちらから
企業間商取引支援ソリューションの資料をこちらからダウンロードできます
Documents

人気ダウンロード資料

BtoB取引の帳票業務をカイゼンした 20社の事例集ダウンロード
BtoB取引のFAX・帳票業務をカイゼンした
20社の事例集ダウンロード

FAX受信サービス選び方ガイド
\3 分でわかる!/
FAX受発注業務のカイゼン ~4つの方法とポイント~

クラウド?オンプレ?大量のFAX配信の 方法を徹底比較!!
クラウド?オンプレ?
大量のFAX配信の方法を徹底比較!!


リモートデモのご案内

各種サービスの画面や操作感を実際にご体験いただけます
 

記事検索

 

Ranking

人気記事ランキング

Tags

タグ一覧